ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 iropel0103.com)


    そんな事ってあるんですね…

    【【悲報】那須川天心さん、対戦相手が逃亡してしまうwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 efight.jp)


    おめでとうございます!

    1 豆次郎 ★ :2019/05/22(水) 09:53:32.94 ID:zU2BynW29.net

    5/22(水) 7:13配信
    井上尚弥、全階級最強ランク4位浮上! 米リング誌PFPで自己最高、ゴロフキンら抜く

    リング誌最新版PFPで快挙、7位から3ランク上昇…世界3傑の偉業目前に

     ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」が21日、全17階級を格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド」最新版を発表。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)が3つランクを上げ、自己最高の4位に選出された。


     日本人ボクサーにとっては快挙といえるPFP4位だ。井上はリング誌独自選定のバンタム級タイトルもかかった一戦で、衝撃の259秒KOを披露。無敗王者だった難敵ロドリゲスを圧倒し、PFPの世界でも駆け上がった。ロドリゲス戦前は7位だったが、最新の発表では4位にジャンプアップした。

     1位は「精密機械」こと、世界最速の3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、2位はWBOウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、3位はミドル級3団体王者カネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)と中量級以上の錚々たる世界トップファイターが名を連ね、井上がそれに続いた格好だ。

     5位はクルーザー級の3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、6位はIBFウェルター級王者エロール・スペンス・ジュニア(米国)、7位の元ミドル級世界王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)という3人のスターを一気に追い抜いたのだから、井上の凄さが窺い知れる。

     井上は4位浮上のニュースに自身のツイッターで反応。「やばい!これは凄く名誉ある事だ。。」と興奮気味につづっている。

     リング誌のダグ・フィッシャー編集長は発表前のQ&A企画で「イノウエは現在最高のPFPファイターなのか?」という質問に対し、「おそらくそうだ。彼は間違いなく私の中ではトップ3にいる。少なくともトップ5にはなるだろう!」と回答。評議会ではPFP1位に井上の名前を挙げた識者もいたことを明らかにしていた。

     PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。井上は従来の最高位は昨年6月の5位だったが、日本人の軽量級選手がボクシング界3強が目前に迫った価値は大きい。無敵のモンスターがかつてないほどの高みにたどり着こうとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00061449-theanswer-fight

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【PFPランキング】井上尚弥さんが、全階級最強ランク4位と自己最高を記録!! 日本人ボクサーにとっては快挙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.selection-j.com)


    21年間お疲れさまでした!

    1 ひかり ★ :2019/05/20(月) 17:04:43.45 ID:NQMvopfn9.net

     現役引退を表明した巨人の上原浩治投手が20日、都内で引退会見を開いた。引退を口にした直後に涙を流し、支えてくれた人達への感謝を伝えた。

     【以下、代表質問の一問一答】

     「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいと思います」と切り出すとみるみる目に涙が浮かぶ。

     「これまで自分に関わってくれた人々皆に感謝したいと思います。ありがとうございました」

     代表質問に移る。

     -話せる範囲で胸の内を。

     「もうちょっとやりたかったなと。そういう思いです」

     -少しずつ心の変化生じていると思うが。

     「自分が決めた以上、ユニホーム着ることはないわけですから、気持ち切り替えて行くしかないかなと思う」

     -引退決断きっかけは?

     「今年で辞める事は最初から決めていたことなんで。3カ月が僕の中で勝負と決めていた。2月、3月、4月と練習していく中で、一度も1軍に上がることなく、
    2軍で試合を投げさせていく中で、抑えてないって言う葛藤もあった。これが8月、9月、チームが首位争いをしている最中に自分がこういう会見するのは
    違うと思った。それなら早く決めて終わりたいという思いで」

     -身体と心のズレのようなものは生じた?

     「手術させてもらって体はいい調子というか、投げられる状態ですけど、それでも2軍戦で通用してないのが気持ち的に後ろ向きになった」

     -これまでも後ろ向きになるのは?

     「何回かありましたけど、来年あるんであればもうちょっと頑張ろうと思ったが、来年はないと決めてましたから、気持ちと身体となかなか一致しなかった。

     -5月頭に同学年の福浦さんと試合をした。あの試合もきっかけに?

     「そうですね。福浦と対戦できたのは嬉しかったことですし、西武戦で(松井)稼頭央監督の目の前で投げられたことも僕の中ではいい思い出と言ったら
    おかしいが、これでいいかなという気持ちに少しなりました」

     -(選手生活は)どんな道程?

     「ケガばっかり、中途半端だったかなと思います」

     -雑草魂で野球貫いた上原さん、支えてきた病気の子供さん達や、苦境に立たされた人へのメッセージ込められていた?

     「手を抜いて投げたことはないですし、今年に限っても若い選手達と練習しましたし、抜いて練習したことは一切なかった。それを見て励みになってくれていたらそれは嬉しい」

     -100勝100セーブ100ホールドという記録もある。

     「それに関していえば中途半端かなと。どのポジションで全うしたわけでもなく中途半端にやっちゃったかなと言う感じ」

     -新しい人生は?

     「正直まだ何も考えてない。明日からどうしようかなと」

     -ペナントレース続いてジャイアンツのメンバーは戦っています。上原さん目指した野球少年もたくさんいます。メッセージを。

     「今、首位争いしている中でこんなことになってしまって本当に申し訳ない。いい感じできてると思うんで、このまま皆、頑張って欲しいなと思います」

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000107-dal-base

     上原は、日本のプロ野球12年で通算112勝67敗33セーブ23ホールド、防御率3.02。大リーグ通算9年で22勝26敗95セーブ81ホールド、防御率2.66。【岸本悠、生野貴紀】

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20190520/k00/00m/050/149000c
    引退会見で涙をぬぐう上原浩治=東京都千代田区で2019年5月20日午後4時7分、喜屋武真之介撮影

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    【【速報】巨人・上原浩治選手、涙の引退発表・・・・ 21年間の野球生活に幕を閉じる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cozystyle.jp)


    これでIBF王座は日本人2人目ですね…

    1 豆次郎 ★ :2019/05/19(日) 05:24:11.82 ID:SA+LEmo/9.net

    5/19(日) 5:21配信
     ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント準決勝が18日(日本時間19日)、英国グラスゴーのSSEハイドロで行われ、WBA同級王者・井上尚弥(26=大橋)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)に2回KO勝ちし、決勝に進出した。決勝では5階級制覇王者で現WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する。

     井上は14年4月にWBC世界ライトフライ級王者、同12月にWBO世界スーパーフライ級王者、昨年5月にWBA世界バンタム級王座を獲得しており、今回のIBF王座獲得で、高山勝成に続く日本人2人目の主要4団体制覇を実現。さらに今回の一戦にかけられた米国で最も権威ある専門誌「ザ・リング」認定ベルトも獲得した。

     決勝で対戦するドネアはアジア人としては初めて主要4団体すべてで世界王者となったレジェンド。14年にWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)と挑戦する前にアドバイスをもらった縁があり、対戦を熱望していた。そのドネアが見守る中で圧勝。新元号「令和」の世界戦で日本人勝者1号となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000003-spnannex-fight


    【【勝敗】井上尚弥 VS ロドリゲス、「KO勝ち」で勝負が決まる・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 efight.jp)


    これは、夢のマッチですね!

    1 o(^・-・^)o ★ :2019/05/18(土) 22:23:58.40 ID:Teit5bcl9.net

    那須川天心 1000万円企画で亀田興毅氏と対戦へ 6・22夢の対決

     6月22日に対戦することが発表された那須川天心(左)と亀田興毅氏
     キックボクシングのRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20)=TARGET=が18日、AbemaTVによる企画「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」で挑戦者2人を退けた。試合後、那須川はボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(32)と6月22日に対戦することを発表した。

     那須川に挑戦したのはトーナメントを勝ち抜き挑戦権を得た同大ボクシング部出身で現在アマチュアジム会長の藤崎美樹(29)と、敗者復活枠で選ばれた元WBA世界スーパーフライ級王者のテーパリット・ゴーキャットジム(30)=タイ=の2人。ヘッドギアあり、2分3ラウンド、判定なしのKO決着のみという特別ルールで行われた試合で、那須川は両者にKOを許さず、1000万円獲得を阻止した。

     2連勝後、インタビューで今後もやりたいかと問われた那須川は「皆さん見たいですよね。やりたいですね」と再度の開催を望んだ。そして超重大発表として亀田氏と対戦することが発表された。

     那須川は「さっき聞いた話。びっくりしました」と驚きを隠さなかったが、「頑張ります」と気合を込めた。両者は19日14時から会見を行う。

     亀田氏は1日に同局で中継された那須川への挑戦者を決めるトーナメントを視聴後、自身のインスタグラムに「元ボクサーとして感想を言いたい」と長文を投稿。「少なくとも自分だったら元チャンピオンとして恥ずかしくない状態には仕上げてリングに上がる」などと出場者のパフォーマンスに苦言を呈すとともに、公式戦とは異なる企画のあり方など持論を展開した。そして「俺が天心選手とやってたら良かったな…笑」なととも記したため、対戦を望む声がネット上には殺到していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000178-dal-fight


    【【夢の対決!】那須川天心 VS 亀田興毅がボクシングルールで対戦決定へ!!】の続きを読む

    このページのトップヘ