ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.selection-j.com)


    21年間お疲れさまでした!

    1 ひかり ★ :2019/05/20(月) 17:04:43.45 ID:NQMvopfn9.net

     現役引退を表明した巨人の上原浩治投手が20日、都内で引退会見を開いた。引退を口にした直後に涙を流し、支えてくれた人達への感謝を伝えた。

     【以下、代表質問の一問一答】

     「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいと思います」と切り出すとみるみる目に涙が浮かぶ。

     「これまで自分に関わってくれた人々皆に感謝したいと思います。ありがとうございました」

     代表質問に移る。

     -話せる範囲で胸の内を。

     「もうちょっとやりたかったなと。そういう思いです」

     -少しずつ心の変化生じていると思うが。

     「自分が決めた以上、ユニホーム着ることはないわけですから、気持ち切り替えて行くしかないかなと思う」

     -引退決断きっかけは?

     「今年で辞める事は最初から決めていたことなんで。3カ月が僕の中で勝負と決めていた。2月、3月、4月と練習していく中で、一度も1軍に上がることなく、
    2軍で試合を投げさせていく中で、抑えてないって言う葛藤もあった。これが8月、9月、チームが首位争いをしている最中に自分がこういう会見するのは
    違うと思った。それなら早く決めて終わりたいという思いで」

     -身体と心のズレのようなものは生じた?

     「手術させてもらって体はいい調子というか、投げられる状態ですけど、それでも2軍戦で通用してないのが気持ち的に後ろ向きになった」

     -これまでも後ろ向きになるのは?

     「何回かありましたけど、来年あるんであればもうちょっと頑張ろうと思ったが、来年はないと決めてましたから、気持ちと身体となかなか一致しなかった。

     -5月頭に同学年の福浦さんと試合をした。あの試合もきっかけに?

     「そうですね。福浦と対戦できたのは嬉しかったことですし、西武戦で(松井)稼頭央監督の目の前で投げられたことも僕の中ではいい思い出と言ったら
    おかしいが、これでいいかなという気持ちに少しなりました」

     -(選手生活は)どんな道程?

     「ケガばっかり、中途半端だったかなと思います」

     -雑草魂で野球貫いた上原さん、支えてきた病気の子供さん達や、苦境に立たされた人へのメッセージ込められていた?

     「手を抜いて投げたことはないですし、今年に限っても若い選手達と練習しましたし、抜いて練習したことは一切なかった。それを見て励みになってくれていたらそれは嬉しい」

     -100勝100セーブ100ホールドという記録もある。

     「それに関していえば中途半端かなと。どのポジションで全うしたわけでもなく中途半端にやっちゃったかなと言う感じ」

     -新しい人生は?

     「正直まだ何も考えてない。明日からどうしようかなと」

     -ペナントレース続いてジャイアンツのメンバーは戦っています。上原さん目指した野球少年もたくさんいます。メッセージを。

     「今、首位争いしている中でこんなことになってしまって本当に申し訳ない。いい感じできてると思うんで、このまま皆、頑張って欲しいなと思います」

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000107-dal-base

     上原は、日本のプロ野球12年で通算112勝67敗33セーブ23ホールド、防御率3.02。大リーグ通算9年で22勝26敗95セーブ81ホールド、防御率2.66。【岸本悠、生野貴紀】

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20190520/k00/00m/050/149000c
    引退会見で涙をぬぐう上原浩治=東京都千代田区で2019年5月20日午後4時7分、喜屋武真之介撮影

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    【【速報】巨人・上原浩治選手、涙の引退発表・・・・ 21年間の野球生活に幕を閉じる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 wadai7.com)


    これは、アウトw

    1 風吹けば名無し :2019/05/16(木) 19:41:37.33 ID:tyzXTT720.net

    中日の加藤宏幸球団代表は16日、右肩痛からの復帰を目指す松坂大輔投手が今月の練習日に千葉
    県内でゴルフをしたとして、ペナルティーを与えたことを明らかにした。本人から14日に報告と謝罪を受
    けたという。加藤代表は横浜スタジアムで「(処分の)中身は言えないが、本人は自覚が足りなかったと
    言っていたし反省していた」と話した。

     松坂はゴルフ中の様子を写真週刊誌「フライデー」に撮影され、記事が掲載される予定。

    https://this.kiji.is/501705754819118177?c=39550187727945729


    【【悲報】松坂大輔さん、練習をすっぽかし「フライデー」されるwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 prtimes.jp)


    何の解決にもなってないw

    1 風吹けば名無し :2019/05/16(木) 07:46:48.09 ID:jR5IGUyw0.net

    日本高野連は15日、第2回理事会を開き「高校野球用具の使用制限」で規定していたスパイクカラーについて、白色のスパイクの使用可能の決定を発表した。

    従来はブラックのみとしていたが、熱中症対策として20年度からはホワイトスパイクも使用可とした。使用の解禁は来年3月20日からで、来春の選抜大会から使用できることになった。これまではアップシューズは白色でも許可されていた。

    2年前から、熱中症対策として「黒にこだわる必要もないのでは」という声があり、議題に上がっていた。非公式のメーカー検証としては、黒色は熱を吸収することから足元の温度も違うことが報告されているという。

    高野連の竹中雅彦事務局長は「熱中症、熱中症とこれだけ言っているので、足元も見なくてはいけない。見た目も涼しげですよね。実際、涼しいですし」と話した。
    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201905150000513.html


    【【ルール改正】高校野球連盟が「熱中症対策」を考えた結果wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 number.ismcdn.jp)


    久しぶりに投げてこの距離はすごいw

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/14(火) 09:54:00.23 ID:DjD0MkHa9.net

    3回無死三塁でツインズの右腕ベリオスから中堅バックスクリーン左へ

    ■ツインズ ? エンゼルス(日本時間14日・ミネソタ)

    エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦でメジャー復帰後初の本塁打を放った。
    2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場。二刀流選手による前例のない大手術からの復帰7戦目、
    この日の3回の第2打席で、ここまで今季6勝をあげているツインズのエース右腕ベリオスから今季1号の逆転2ランを放った。

    2試合ぶりにスタメンに名を連ねた大谷。この日の第1打席は、フルカウントからの7球目、ベリオスの外角低めへのチェンジアップを見極めれ四球を選んだ。
    そして迎えた第2打席、復帰後23打席でついに待望の一発が飛び出した。
    2点ビハインドの3回、先頭のラステラが左前安打で出塁すると、トラウトの右前安打に相手の失策が絡みラステラは生還、トラウトは三塁まで進んだ。
    1点を返し、なおも無死三塁で大谷がこの日の第2打席に立った。

    初球は内角へのカーブが外れてボール。2球目は見逃してストライク、3球目は内角高めへの真っ直ぐが外れボールとなった。4球目も変化球を見極めてボール、そして、5球目だ。
    真ん中付近に入った真っ直ぐを捉えた打球は中堅バックスクリーン左に飛び込む特大の逆転2ラン。
    メジャーでの本塁打は、昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦で放って以来、229日ぶりの一発となった。

    MLB公式サイトで、データ解析システム「スタットキャスト」担当の務めるデビッド・アドラー記者は自身のツイッターで、大谷の復帰初アーチを速報。
    これによると、打球速度は111.6マイル(約178.6キロ)、429フィート(約130.8メートル)の特大弾となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00374625-fullcount-base
    5/14(火) 9:36配信

    https://full-count.jp/2019/05/14/post370773/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=374625_6
    【動画】復帰26打席目で229日ぶり一発 大谷翔平、復帰後初アーチは中堅へ逆転の特大2ラン


    (出典 Youtube)

    2019年5月14日 大谷翔平 1号 逆転 2ラン ホームラン 3番 DH 出場

    https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/table/?id=2019051404
    試合スコア


    【【朗報】大谷翔平選手、229日ぶりの一発! 復帰後に見せた特大アーチがすごい!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 the-rankers.com)


    どうなんでしょうかねぇ…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/08(水) 07:45:02.64 ID:KwwNY5YB9.net

    「令和」となって記念すべき第1号本塁打を放ったのは、プロ13年目、巨人の主将にして、押しも押されもせぬ日本球界のスター、坂本勇人だった。

    現在30歳。高卒2年目の2008年から不動のレギュラーとして活躍を続け、主力として5度のリーグ優勝に2度の日本一に貢献。
    個人としても、首位打者、最多安打、最高出塁率にベストナイン4回、ゴールデングラブ賞2回と数々のタイトルを獲得し、侍ジャパンとしてワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも2度出場した。
    若い頃から持ち合わせていた天才的なインコース打ちと広い守備範囲が年齢を重ねるごとに安定かつ洗練され、完成度の高い名選手となった。

    ここで一つ、興味として沸くのが、「メジャーではどうなのか?」ということだ。これまで海を渡った日本人内野手は計8人。
    松井稼頭央(2004~2010)に始まり、中村紀洋(2005)、井口資仁(2005~2008)、岩村明憲(2007~2010)、西岡剛(2011~2012)、川崎宗則(2012~2016)、
    中島宏之(2013~2014)、田中賢介(2013~2014)と、いずれもNPBで優れた実績と高い評価を得た選手たちだ。

    しかし、渡米前よりも評価を上げたのは、メジャー1年目に正二塁手として打率.278、15本塁打、71打点をマークし、ワールドシリーズ制覇に貢献した井口ぐらい。
    日本ではトリプルスリーを達成するなど圧倒的な能力を見せていた松井は、メッツ加入1年目に初打席初球初本塁打の鮮烈デビューから
    打率.272、7本塁打、44打点、14盗塁と及第点の成績を残したが、2年目以降は怪我もあって期待に応えることができず。
    2007年のロッキーズで残した打率.288、4本塁打、37打点、32盗塁の成績も日本時代と比べると物足りないもの。
    さらに遊撃手としては失格の烙印を押され、2005年以降は二塁手としての出場が続いた点もマイナスの印象だ。

    その後、日本でシーズン200安打を放った西岡が26歳で渡米するも大いに苦しんで2年で帰国し、中島、田中も通用せず。
    川崎はムードメーカーとして人気者になったが、完全な控え扱い。
    これまで多くの日本人投手が高い評価を得て、イチロー、松井秀喜の平成を代表する外野手も実績を残した一方、
    日本人内野手に対するメジャー球団、ファンの評価は右肩下がりで、スカウト陣も興味を失くしているのが現状だ。

    そこで、坂本である。まずは守備面。
    日本人内野手がメジャーとの差で苦しんだ肩の強さは折り紙付き。
    メジャーでは“普通”の逆シングルでの捕球も、日本人の中では例外的に坂本にとっては見慣れたものになっている。
    あとは天然芝への対応。技術的な面よりも、足腰への負担による故障が懸念されるが、それさえクリアできれば大きな問題にならないのではないか。

    そして期待される打撃面。日本での実績は文句なし。
    2017年頃から左足の上げ方をよりコンパクトなものにしてから進化を遂げ、第4回WBCの際にも6試合で打率.417をマークし、出塁率.481はチームトップ。
    さらに今年3月のマリナーズとのプレシーズンゲームでは、メジャー通算93勝のマイク・リークから左中間へ豪快な一発を放って見せた。
    2017年7月にNPB史上2番目の若さとなる28歳6カ月で通算1500安打を達成しており、
    2000安打、さらに3000安打への期待もかかるが、同時にメジャーのユニフォームに袖を通してハツラツとプレーする姿も見てみたい。

    繰り返すが、現在30歳。すでに海外FA権は取得済みながら巨人とは年俸変動制の複数年契約を結んでいるとされ、メジャー挑戦は現実的には難しいのかも知れない。
    だが、日本球界トップのショートストップとして、日本人内野手に対するこれまでの低評価を覆してもらいたいという気持ちは、
    日本のプロ野球ファンなら一度は思うこと。例え1年だけでもいい。「挑戦」の価値は、大いにあるはずだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190507-00000011-sasahi-base
    5/7(火) 16:00配信


    【【挑戦】巨人・坂本勇人選手はメジャーへ挑戦すべき声が上がる! 】の続きを読む

    このページのトップヘ