ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    格闘技

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 iropel0103.com)


    そんな事ってあるんですね…

    【【悲報】那須川天心さん、対戦相手が逃亡してしまうwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 efight.jp)


    おめでとうございます!

    1 豆次郎 ★ :2019/05/22(水) 09:53:32.94 ID:zU2BynW29.net

    5/22(水) 7:13配信
    井上尚弥、全階級最強ランク4位浮上! 米リング誌PFPで自己最高、ゴロフキンら抜く

    リング誌最新版PFPで快挙、7位から3ランク上昇…世界3傑の偉業目前に

     ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」が21日、全17階級を格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド」最新版を発表。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)が3つランクを上げ、自己最高の4位に選出された。


     日本人ボクサーにとっては快挙といえるPFP4位だ。井上はリング誌独自選定のバンタム級タイトルもかかった一戦で、衝撃の259秒KOを披露。無敗王者だった難敵ロドリゲスを圧倒し、PFPの世界でも駆け上がった。ロドリゲス戦前は7位だったが、最新の発表では4位にジャンプアップした。

     1位は「精密機械」こと、世界最速の3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、2位はWBOウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、3位はミドル級3団体王者カネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)と中量級以上の錚々たる世界トップファイターが名を連ね、井上がそれに続いた格好だ。

     5位はクルーザー級の3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、6位はIBFウェルター級王者エロール・スペンス・ジュニア(米国)、7位の元ミドル級世界王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)という3人のスターを一気に追い抜いたのだから、井上の凄さが窺い知れる。

     井上は4位浮上のニュースに自身のツイッターで反応。「やばい!これは凄く名誉ある事だ。。」と興奮気味につづっている。

     リング誌のダグ・フィッシャー編集長は発表前のQ&A企画で「イノウエは現在最高のPFPファイターなのか?」という質問に対し、「おそらくそうだ。彼は間違いなく私の中ではトップ3にいる。少なくともトップ5にはなるだろう!」と回答。評議会ではPFP1位に井上の名前を挙げた識者もいたことを明らかにしていた。

     PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。井上は従来の最高位は昨年6月の5位だったが、日本人の軽量級選手がボクシング界3強が目前に迫った価値は大きい。無敵のモンスターがかつてないほどの高みにたどり着こうとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00061449-theanswer-fight

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【PFPランキング】井上尚弥さんが、全階級最強ランク4位と自己最高を記録!! 日本人ボクサーにとっては快挙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cozystyle.jp)


    これでIBF王座は日本人2人目ですね…

    1 豆次郎 ★ :2019/05/19(日) 05:24:11.82 ID:SA+LEmo/9.net

    5/19(日) 5:21配信
     ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント準決勝が18日(日本時間19日)、英国グラスゴーのSSEハイドロで行われ、WBA同級王者・井上尚弥(26=大橋)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)に2回KO勝ちし、決勝に進出した。決勝では5階級制覇王者で現WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する。

     井上は14年4月にWBC世界ライトフライ級王者、同12月にWBO世界スーパーフライ級王者、昨年5月にWBA世界バンタム級王座を獲得しており、今回のIBF王座獲得で、高山勝成に続く日本人2人目の主要4団体制覇を実現。さらに今回の一戦にかけられた米国で最も権威ある専門誌「ザ・リング」認定ベルトも獲得した。

     決勝で対戦するドネアはアジア人としては初めて主要4団体すべてで世界王者となったレジェンド。14年にWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)と挑戦する前にアドバイスをもらった縁があり、対戦を熱望していた。そのドネアが見守る中で圧勝。新元号「令和」の世界戦で日本人勝者1号となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000003-spnannex-fight


    【【勝敗】井上尚弥 VS ロドリゲス、「KO勝ち」で勝負が決まる・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 efight.jp)


    これは、夢のマッチですね!

    1 o(^・-・^)o ★ :2019/05/18(土) 22:23:58.40 ID:Teit5bcl9.net

    那須川天心 1000万円企画で亀田興毅氏と対戦へ 6・22夢の対決

     6月22日に対戦することが発表された那須川天心(左)と亀田興毅氏
     キックボクシングのRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20)=TARGET=が18日、AbemaTVによる企画「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」で挑戦者2人を退けた。試合後、那須川はボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(32)と6月22日に対戦することを発表した。

     那須川に挑戦したのはトーナメントを勝ち抜き挑戦権を得た同大ボクシング部出身で現在アマチュアジム会長の藤崎美樹(29)と、敗者復活枠で選ばれた元WBA世界スーパーフライ級王者のテーパリット・ゴーキャットジム(30)=タイ=の2人。ヘッドギアあり、2分3ラウンド、判定なしのKO決着のみという特別ルールで行われた試合で、那須川は両者にKOを許さず、1000万円獲得を阻止した。

     2連勝後、インタビューで今後もやりたいかと問われた那須川は「皆さん見たいですよね。やりたいですね」と再度の開催を望んだ。そして超重大発表として亀田氏と対戦することが発表された。

     那須川は「さっき聞いた話。びっくりしました」と驚きを隠さなかったが、「頑張ります」と気合を込めた。両者は19日14時から会見を行う。

     亀田氏は1日に同局で中継された那須川への挑戦者を決めるトーナメントを視聴後、自身のインスタグラムに「元ボクサーとして感想を言いたい」と長文を投稿。「少なくとも自分だったら元チャンピオンとして恥ずかしくない状態には仕上げてリングに上がる」などと出場者のパフォーマンスに苦言を呈すとともに、公式戦とは異なる企画のあり方など持論を展開した。そして「俺が天心選手とやってたら良かったな…笑」なととも記したため、対戦を望む声がネット上には殺到していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000178-dal-fight


    【【夢の対決!】那須川天心 VS 亀田興毅がボクシングルールで対戦決定へ!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkei.com)


    井上さん自身はあまり気にしていないみたいですけど…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/17(金) 06:56:47.10 ID:C6d1iFvI9.net

    ◆プロボクシング 世界戦▽ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ バンタム級準決勝 WBA王者・井上尚弥―IBF王者・エマヌエル・ロドリゲス(18日、英スコットランド・グラスゴー、SSEハイドロ)

    【グラスゴー(英国)16日=飯塚康博】
    WBA世界バンタム級王者・井上尚弥とIBF王者エマヌエル・ロドリゲスとの試合が団体王座統一戦として認められないことが濃厚となった。
    IBFが格上のWBAのスーパー王者としか統一戦を認定しないためで、井上尚はWBA王座を保持しながら挑戦者としてリングに立つことになる
    また、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝に駒を進めている世界5階級制覇ノニト・ドネア(36)=フィリピン=が視察に訪れることが分かった。

    念願の団体王座統一戦が、直前になって暗礁に乗り上げた。井上尚とロドリゲスの試合は、WBA王座がかけられず、IBF王座のみがかかったタイトルマッチとなることが濃厚となった。
    井上尚の所属ジムの大橋秀行会長(54)は「統一戦は認められないことになりそうです」と語った。

    IBFが井上尚が持つWBA正規王座より格上扱いのスーパー王座(現在はドネア)としか団体統一戦を許可しないというのが理由。
    井上陣営も無敗王者同士の対決とあって、統一戦認定を求めてきたが、交渉を断念する方向だ。

    決定すれば、井上尚はWBA王座を保持したまま、挑戦者としてロドリゲスと戦う。
    統一戦実現が不透明だった約1か月前、井上尚は「統一戦かどうかは関係ない。強い相手とやれればいい。どちらが勝つか分からない試合をしたい」と話していた。
    他団体の対抗王者であるロドリゲスと拳を交えることに喜びと価値を置いてきた。

    今回のグラブは挑戦者カラーの青で、頂点を意味する金色がポイントにあしらわれている。
    井上尚が勝てばWBAとIBF王座の2つタイトルを持つことができる。勝負師としてのプライドをかけてビッグマッチに臨む。
    井上尚は計量が翌日に迫った16日、ホテル内で調整に努めた。

    一方、ドネアがグラスゴーを訪れ試合を視察することが決まった。
    関係者によると、昨年11月のWBSS1回戦で敗れた元WBA世界バンタム級スーパー王者バーネット(英国)が17日(日本時間18日)
    に英ベルファストで行う再起戦を観戦し、翌日、井上尚―ロドリゲス戦に足を運ぶという。

    ドネアは4月のWBSS準決勝で同級5位ヤング(米国)を6回KOで下し、一足先に決勝に進出した。
    リング上で「私とナオヤとの間にも言葉にできない尊敬が存在する」と語るなど対戦を熱望している。井上尚は大物ライバルの前で存分に拳をふるう。

    ◆団体王座統一戦の規定 IBFは原則、他団体の筆頭の王者との対戦に限り、統一戦開催を認めている。
    WBAはスーパー王者、正規王者の独自の2頭体制を取っており、この場合、スーパー王者が筆頭とみなされる。
    井上尚―ロドリゲス戦は、WBA王座をかけられないことになれば、勝敗により、IBFのみタイトルが移動する。
    現状の規定では、井上尚は勝つとIBF王座を獲得し、WBAと2冠を保持できる。
    ロドリゲスは勝つか引き分けで2度目の防衛、負ければ王座陥落となる。

    ◆団体王座統一戦が認められなかった主な日本人王者の世界戦

    ▼渡辺二郎 1984年にWBAスーパーフライ級王者の渡辺がWBC王者パヤオ(タイ)と対戦。
    WBAは統一戦と認定せず、試合直前にWBA王座をはく奪。試合は渡辺の判定勝ち。

    ▼長谷川穂積 2010年にWBCバンタム級王者の長谷川が当時国内未公認のWBOの王者モンティエルと特例での統一戦を計画も認められず、モンティエルが挑戦者として対戦し、4回TKO勝ち。

    ▼亀田和毅 15年にWBOバンタム級王者の亀田がWBAバンタム級正規王者マクドネル(英国)と統一戦を目指したが、
    WBOが格上のWBAスーパー王者としか統一戦を認めなかったため、亀田がWBO王座を返上して挑戦。試合は判定負け。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000306-sph-fight
    5/17(金) 6:05配信


    【【衝撃】井上尚弥さん、統一戦消滅のピンチか!? 相手側の主張はいかに・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ