ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.cinematoday.jp)


    まさかの登場w

    1 Egg ★ :2019/07/14(日) 20:06:07.86 ID:iDRXDWsG9.net

    来日中の米俳優スティーブン・セガール(67)が14日、参院選に出馬する知人の応援のため、JR東京駅前で街頭演説に立った。

    セガールは日本語で「よろしくお願いします」と呼び掛けた。駆け付けた理由については「友達だから」と話した。セガールは映画「沈黙の戦艦」など「沈黙」シリーズなどで人気を集めた。セガールの突然の登場に、「沈黙!」と喜ぶファンの姿も見られた。

    セガールは親日家で格闘家としても知られる。また、プーチン大統領と親交があり、16年に大統領令によりロシア国籍を与えられた。18年には、ロシア外務省から人道分野での対米交流を担う特使に任命されている。

    [2019年7月14日17時48分]日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/201907140000545_m.html?mode=all

    写真https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/photonews/photonews_nsInc_201907140000545-0.html


    【【衝撃】スティーブン・セガールさんが応援演説!! 突然の登場に「沈黙!」と喜ぶファンの姿も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.cinemacafe.net)


    専門が違いますからね…

    1 muffin ★ :2019/07/14(日) 13:45:02.64 ID:xPqln3Ld9.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0109935
    2019年7月14日

    映画『トイ・ストーリー』シリーズで第1作から23年以上にわたって、主人公ウッディの声を務めてきた俳優の唐沢寿明。バズ役の所ジョージとの名コンビで愛されてきた唐沢が、俳優として声優の難しさを語った。

    12日からは待望のシリーズ最新作『トイ・ストーリー4』が公開中。「最初はこんなに続くと思っていなかった」と話す唐沢も、初めはオーディションで選ばれたそうで、「(オリジナル版のウッディ役は)トム・ハンクスさんでしょ。声質が全く違うわけだから、全然声が違うけどいいのか?」と戸惑った上に「初めてやることだし、うまくいくかもわからなくてやっていた」と手探り状態だったという。

    他の作品で声優を務めることもあるが、そのときに「相手役の女の人がいて、その人が声優さんだったんだけど、声優さん独特の話し方をしていて。日常でそんな言い方はしないけど、画にははまってるんだよ」と驚いたそうで、「自分たちがそんなこと言ったら『くさいよ~』って言われるけど、画にはすごくピッタリ合っているわけ。これは真似できないなと思って」と感心したことを明かす。

    「うまくはできない。声優の人と自分たちがやるっていうのは全く世界観が違っていて。今回も自分なりに頑張ってはいるけど、やっぱりすごく苦労したし。ただ、(オリジナル版も俳優の)トム・ハンクスさんがやっているから、俳優としての考え方でやっていいんだなって思ってやっているけど。ほんと声優の人ってすごいね。毎回思うんだよね」

    さらに、前作『トイ・ストーリー3』からは9年、久しぶりにウッディの声を演じたが、「(前回と)同じような気持ちでやったけど、『ちょっとテンションが低い』って言われて。同じようにやっているのに。聞かせてもらったら、確かにテンションが低くて。たぶん、知らないうちに大人になってたんだと思う。自分の方が成長しちゃってんだよね(笑)」と時の流れを実感したようだ。

    第1作の公開から23年以上がたってもなお、世界中で愛され続ける本シリーズ。唐沢は「それに出られたってのは良かったよね。なかなかこの作品を超えるものがないと思う」と喜びながらも、「自分はこれだけでいいかなって思う。他はなかなかできない、大変だから。声優を仕事にしている人は楽だよって言うかもしれないけど、自分たちからしたら本当に大変なんだよね。(映像に)合わせてしゃべるのは。自分がしゃべったことに動きを合わせてくれるんだったらいいけど」と声優業の苦労を明かしていた。(取材・文:編集部・中山雄一朗)

    映画『トイ・ストーリー4』は公開中


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    『トイ・ストーリー4』日本版予告編

    (出典 Youtube)


    【【驚愕】唐沢寿明さん、俳優が声優をやる難しさ…「自分たちがやるのとは全く世界観が違う。声優の人達はすごい!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 siam-information.com)


    子供がかわいそう…

    1 ひかり ★ :2019/07/11(木) 16:06:23.57 ID:EQpNIYmT9.net

     俳優の大浦龍宇一(50)が11日、自身のブログを更新。同日に、一部スポーツ紙で、妻でシンガー・ソングライターのゆりえ(29)との“離婚を前提にした別居”と
    報じられた件について「妻とは離婚を前提に、別居中ではありません」と報道を否定した。

     大浦は「いまネット記事を見て知り、驚きを隠せません。正直に自分の気持ちと事実をここに伝えさせてください。記事にあったように、報道されていることは
    事実ではありません」と否定し「妻とは離婚を前提に、別居中ではありません」ときっぱり。

     「昨晩、妻が家に帰らなかったのは事実ですが、一昨日までは普通に妻と息子と3人で自宅で生活をしていました。僕は離婚する気持ちは全くありません」とつづり
    「今日になって寝耳に水のこの記事に、正直心を痛めている状態です」と胸中を明かした。

     大浦には、2007年に前妻との間にもうけた高校生1年生の息子がいるが「結婚にあたり、3人でいろいろなことを話し合って、僕も妻も強い決意を持って
    この結婚の道を選びました」といい「夫婦喧嘩のことで、周りの方を巻き込んでしまいましたこと、仕事関係、友人、ファンの皆様方に多大なご心配をおかけして
    いますことを心よりお詫び致します」と謝罪した。

     最後は「息子もこのニュースを先ほど知ったという状態です。どうか今は息子の気持ちを考慮して、ひとまずそっと見守っていてくださいますでしょうか?」
    と呼びかけ「事態の改善に努力していきます。よろしくお願い致します」と結んだ。

     大浦は、今年3月22日にゆりえと結婚。当時“22歳差婚”として話題となった。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000375-oric-ent


    【【噂】大浦龍宇一さん、妻・ゆりえさんとの「別居・離婚」報道を否定!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 yumeijinhensachi.com)


    しばらく見ていませんね…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/08(月) 04:46:26.56 ID:r9jVZ58b9.net

    恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)や『アルペン』のCMでお馴染みだった加藤晴彦。バラエティ番組だけではなく、ドラマや映画にも出演し、一時はマルチタレントとして人気だった。
    しかし、番組開始からMCを務めた『あいのり』が終了すると同時に、あまり見かけない存在に。今、加藤は何をしているのだろうか。

    「加藤さんが消えた理由は、『あいのり』の終了だと思われがちですが、それ以外にも業界での評判の悪さもあったようです。
    加藤さんはサンミュージックに所属していたのですが、事務所に断りもなく女性マネージャーと独立していて、関係者はいい印象を持たなくなった。
    また、芸能人からの評判も悪く、『芸人に食事を奢らされた』とバラエティ番組で嘘をついたり、親交があった福山雅治さんの名前を使って女性を口説くなど、態度の悪さは当時、有名だったようですね」(芸能記者)

    そんな加藤は、現在、地元名古屋に拠点を移して活動している。

    「民放キー局では使われなくなったためか、地元の名古屋に戻り、情報番組などに出演しています。
    加藤さんは中日ドラゴンズファンとして有名ですが、情報番組ではドラゴンズのコーナーを担当し、楽しそうに番組を盛り上げていますよ。
    加藤さんは、中日ドラゴンズ球団外広報に選ばれているので、近い距離で選手に取材ができるようです。
    また、野球以外には愛知県ハンドボール協会名誉会員に選ばれ、ハンドボールのイベントのメインキャラクターを務めることもあります。
    他には名古屋広報大使にも選ばれていて、地元のイベントなどにも多く参加していますね」(前出・同)

    名古屋に戻った理由は、私生活の変化も影響している。

    「態度の悪さから全国ネットの番組には呼ばれなくなったことも、名古屋に拠点を移した原因の一つですが、2014年に名古屋のテレビ会社に勤務している一般女性と結婚したことも影響を与えているでしょう。
    奥様も仕事を続けたかったようで、タイミング的にも東京を離れるのにちょうどよかった。ちなみに、奥様は会社経営者のご令嬢だそうです」(前出・同)

    地方以外では見ることが少なくなった加藤だが、現在は、地元での芸能活動を頑張っているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1911751/
    2019.07.07 12:10 リアルライブ


    【【衝撃】「あいのり」の顔だった加藤晴彦さん、干された原因とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news-img.dwango.jp)


    まさか反町さんが出るとは!

    1 muffin ★ :2019/07/07(日) 13:23:38.78 ID:8uJGNEm79.net

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/07/kiji/20190706s00041000411000c.html
    2019年7月7日

    テレビ東京の月1レギュラー企画「池の水ぜんぶ抜く大作戦」(後7・54)が14日に放送される。
    今月は俳優の反町隆史(45)率いる俳優軍団が参戦。釣り好きで知られる反町が“隊長”となって奮闘する。

    同局の新ドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」(22日スタート 月曜後9・00)で主演を務める反町。
    同ドラマから堀井新太(27)と水沢林太郎(16)を率いて、伊豆・修善寺のテーマパーク「虹の郷」にある池で生物捕獲に挑戦する。

    開園以来29年間水を抜いておらず、水が濁っていて生物は見えず。反町は作戦タイムをとり、全員一列に並んで池の端に魚を追い込む作戦を考え出し「かかれー!」「出陣!」と現場を指揮。さらに網から魚を取り出す時間が非効率だと気付き、番組史上初となる「網替え作戦(通称・アミチェン)」を考案。番組MCのロンドンブーツ1号2号・田村淳(45)とココリコ・田中直樹(48)をうならせる。

    また、捕獲したコイたちがやせていることを気にかけ「池に対して餌が少ないのが印象的で。こうやって池の水を抜いて、違う池に分散させながら、間引きながら生活環境を整えるのが、魚にとってもいいじゃないかなと思いますけどね」とコメント。魚に対しても“いい人”だった。


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【朗報】反町隆史さん「池の水ぜんぶ抜く」で奮闘! 番組初の新技も!!】の続きを読む

    このページのトップヘ