ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

2ch・vip
芸能
ニュース
アニメ・ゲーム
    
.
        

    テレビ・映画

         

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.pinimg.com)


    例のあの人は…

    1 muffin ★ :2019/09/12(木) 12:26:29.42 ID:XA3+o08D9.net

    https://natalie.mu/owarai/news/346956

    東京・TBSで2019年秋の番組改編説明会が9月10日に行われ、「リンカーン芸人大運動会2019」が来月10月16日(水)に放送されることがわかった。

    秋の風物詩「リンカーン芸人大運動会」は今年で12回目。浜田雅功と松本人志が各チームのキャプテンとなり、総勢50名を超える芸人が2組にわかれて競う。

    ♦リンカーン芸人大運動会2019
    TBS系 2019年10月16日(水)21:00~22:57
    <出演者>
    「リンカーン」メンバー:ダウンタウン / さまぁ~ず / 雨上がり決死隊・蛍原 / キャイ~ン
    ほか


    【【今年も開催!】リンカーン芸人大運動会2019の放送日が決まる!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 wwws.warnerbros.co.jp)


    最初の頃が怖かったですね…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/11(水) 19:29:36.27 ID:GqszK3lh9.net

    ホラー映画界で、歴代興行収入No.1の『I T/イット』。その完結編『I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が全米で公開。初日から3日間の世界興行収入が196億円を超える大ヒットとなっている。(フロントロウ編集部)

    ■『I T/イット THE END』止まらない快進撃

     恐怖の殺人ピエロ、ペニー・ワイズが子供たちを恐怖に陥れていく『I T/イット』の最新作、『I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が世界中で人気爆発中!アメリカの辛口映画サイトRotten Tomatoesの一般評価では、満足度81%の高評価を記録している。

     全米公開を前に行われたL.A.プレミアでアンディ・ムスキエティ監督は、自信たっぷりにコメント。

    今回は、もっと怖い。ずっと怖い!前作を観てくれたファンは、きっとこの映画を楽しんでくれるはず。これまでの集大成であり、完結だから。そして感動もある。1作目よりもっとビッグなエンディングが待ち受けているんだ

     原作者スティーブン・キングも本作のクライマックスについて、「ラストは最高だ!」と大絶賛のコメントを自身のツイッターに投稿。

    ■『I T/イット』とは

     『I T/イット』はもともと、1990年にアメリカのテレビ映画シリーズとして公開された、スティーブン・キング原作小説の映像化作品。「幼少期編」と「大人編」とに分かれており、「I T(あいつ)」と呼ばれるピエロの怪物「ペニー・ワイズ」がなんの罪もない少年少女をむごたらしく殺してしまう。そのあまりにショックすぎる演出は、「ピエロ恐怖症」という恐怖症を大衆的にした。俳優ジョニー・デップは、自身がピエロ恐怖症であることを公表している。

     2017年に公開された『I T/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、そのリメイク作品。田舎町の子供たちがペニー・ワイズに挑む。そして『THE END』と名づけられた最新作は、その子供たちが大人になってまた再開してからの話になる。ペニー・ワイズは、まだ生きていた!

    ■『I T/イット THE END』のキャストは?

     主人公を演じるのは、英国の俳優ジェームズ・マカヴォイ。「X-MEN」シリーズのリブート作品ではプロフェッサーX役を演じ、『ウォンテッド』や『スプリット』など、演技派俳優として名高い。

     また、『インターステラー』や『クリムゾン・ピーク』に出演したジェシカ・チャステインも参戦。ペニー・ワイズ役は『シンプル・シモン』、『アトミック・ブロンド』に出演したビル・スカルスガルドが務める。ビルは、『I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のPR活動中にパパになったことを公表したばかり!

     全米では、観客の半分近くが25歳以下。リメイク作品にもかかわらず、若年層にも人気が高い本作は、ホラー映画史上No.1興行記録をもつ前作を超える、さらなるヒットが期待できる。日本公開は11月1日(金)。(フロントロウ編集部)

    2019-09-11
    https://front-row.jp/_ct/17301694

    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    【【大ヒット】「I T/イット THE END」たった3日で世界興収がものすごい事にwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 tvstation.jp)


    またTBS…

    1 ひかり ★ :2019/09/11(水) 15:52:30.23 ID:O9d8l3Xt9.net

     TBSは11日、バラエティー番組『クレイジージャーニー』(毎週水曜 後11:56)の8月14日放送回で「生息域を捜索したものの発見できなかったことから、事前に準備していた生物を放ち、撮影しました」と報告し、
    調査が完了するまで放送休止することを発表した。調査により、過去11回の放送で事前に準備していた生物は、合計15種類にのぼることも明らかになった。

     問題となったのは、爬虫類ハンターの加藤英明氏がメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画。放送では6種類の生物が紹介されたが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、
    ロケの前に準備していた生物を使って撮影していた。

     番組公式サイトでは「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています」とし、
    視聴者をはじめ加藤氏や関係者に謝罪した。

     サイトでは事前に準備した4種類の生物と撮影時の状況も詳細に説明。さらに、爬虫類ハンター企画の過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したが、11種類は事前に準備していたものであったことも判明。
    なお、スタッフによると加藤氏に事前に準備していたことは伝えていなかった。

     2015年4月スタートの同番組は、独自の視点やこだわりを持って世界&日本を巡る“クレイジージャーニー”たちが、その人だから話せる特異な体験を語る、伝聞型紀行バラエティー。スタジオではMCのダウンタウン・松本人志、
    バナナマン・設楽統、女優の小池栄子の3人が話を聞く。今日11日には「日本最速パイロット!世界一の座へ!」を放送予定だった。

     同番組については、先月29日発売の『週刊文春』が演出を担当するディレクターのパワハラ騒動を報じていた。

     同局は5日、先月11日放送の『消えた天才』において、当時12歳の少年の野球の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで、実際の投球よりもストレートの球速が速く見える“加工”を行っていたことを報告し、
    調査完了まで放送を休止することを発表していた。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000356-oric-ent


    【【悲報】「クレイジージャーニー」が放送休止!? 過去何回にも渡って番組「捏造」をしてしまう・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    凄い組み合わせですね…

    1 湛然 ★ :2019/09/11(水) 05:03:34.12 ID:sHbXJDvI9.net

    9/11(水) 5:00 オリコン
    芦田愛菜、ゴールデン帯レギュラー番組で初MC サンドウィッチマンとタッグ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000325-oric-ent

    『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』テレビ朝日系では10月スタート

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     テレビ朝日で単発スペシャルとして今年2月と6月に放送された『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』が、10月から毎週土曜午後7時台(後6:56~7:54)というゴールデンタイムでレギュラー化される。“博士ちゃん”のプレゼンをサポートする芦田愛菜が、ゴールデン帯のレギュラーバラエティーでMCを務めるのは、今回が初めてのことになる。現在、同時間帯で放送している『世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団』は、今後、スペシャル番組として放送される。

     番組は、オトナ顔負けの知識やスゴイ才能を携えた天才少年・少女たちが、“博士ちゃん(=先生役)”として出演。勉強嫌い(!?)のサンドウィッチマンに特別授業を行うバラエティー。単独ライブでは客席の子どもをステージに上げて即興トークを繰り広げるサンドウィッチマンの2人が、個性豊かな“博士ちゃん”たちを温かく“イジリ”ながら、教えを請うていく。

     これまで、<あまり知られていない野菜を愛するマイナー野菜博士ちゃん><世界遺産をこよなく愛する博士ちゃん><昭和の信号機を愛するレトロ信号機博士ちゃん兄弟>など、ニッチな領域に精通した子どもたちが登場。単発スペシャル第2弾の放送では、土曜午後の時間帯ながら9.0%という高視聴率を獲得した(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

     番組では、超読書家として知られる芦田が、その博識ぶりを発揮。ちょっぴり難解なワードやテーマが出てくるたびに、サンドウィッチマンの2人にわかりやすく説明することも。年齢が近い芦田の存在は、“博士ちゃん”たちにとっても心強いはず。“愛菜お姉さん”として、授業に挑む“博士ちゃん”たちを手助けしていく。

     番組では“博士ちゃん”を紹介する取材VTRも織り交ぜながら、メインは3人の前で行われる子どもたちの超こだわりのオモシロ授業。大好きな分野について瞳を輝かせて語りつくす、彼らの渾身のプレゼンは毎回、必見です。

     また、芸能人の“2世博士ちゃん”も登場予定。第2弾でレイザーラモンRGの息子“スーパーカー博士ちゃん”が出演し、ほかの番組では見せたことのない RGの父親としての一面が新鮮だと話題をよびました。番組ではそんな意外な才能を持つ芸能人の子どもたちにも多数、出演してもらう予定。

     テーマによっては、その分野に一家言を持つ豪華ゲストが一緒に授業を受けることも…! タイムリーな話題からコアな分野まで、子どもたちが自身の探求するディープな世界の魅力を伝授していく。

    (おわり)


    【【異例のタッグ!】サンドウィッチマン&芦田愛菜、レギュラー番組で初MCへ!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    今と昔の状況が違うでしょう…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/10(火) 20:52:30.07 ID:dA9ppKtD9.net

     10日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作/日本テレビ系列)でのある一幕が物議を醸している。

     この日の番組では、台風15号の影響で千葉県を中心に約60万軒が停電となっていることを報道。また台風一過で猛暑となっており、熱中症が心配されると言及していた。そんな中、MCの宮根誠司が、コメンテーターとして出演していた読売テレビ解説副委員長の高岡達之氏に「日陰に入って風通しのいいところで、ってくらいしかないですよね?」と暑さ対策について話を振り、高岡氏が「原始的な涼み方っていうのを思い出していただくのがいいかもしれません」と、“昔ながら”の暑さ対策をとるよう説いた。

     高岡氏は、「われわれ、昔からエアコンあるわけじゃないでしょう?」と言い、「こういうときにご近所さんとコミュニケーションがあるところはね、たまたまお風呂の残り湯を持ってらっしゃる方がいるとする。そうすると、それを飲むわけにはいかない。だけど、これを簡単にお借りしてきて、お家の玄関のところに打ち水しますね。意外と効きますよ、打ち水」と、打ち水が猛暑対策に有効だと力強く主張していた。

     しかし、この投稿に視聴者からは、「猛暑日に打ち水や霧吹きなんてやってもただただ不快な暑さになるだけ」「打ち水は早朝か夕方にやるんだよ…知識もないのに中途半端なこと言わないで」「残り湯だって貴重になる状況の中、ご近所さんに頼むとか迷惑でしょ」という声が集まる事態となっている。

     「打ち水は江戸時代にはよくありましたが、現代は昔と違って玄関先ですらアスファルト。猛暑の昼間に行っても効果があるのは打ち水をした直後だけで、水をまくことで逆にむっとした暑さを感じてしまうこともあります。また、停電している地域では断水も続いていることから、風呂の残り湯はトイレを流すのに使用したりするケースもあるでしょう。東京五輪の打ち水対策が批判を浴びているタイミングであることもあり、視聴者から批判を集めてしまったようです」(芸能ライター)

     昔と違い暑さも年々厳しくなっている中、打ち水はほとんど意味がないと考える人が多いようだ。

    2019年09月10日 17時47分 リアルライブ
    https://wjn.jp/article/detail/0392006/


    【【悲報】ミヤネ屋に批判殺到… 停電の千葉県に向けた「猛暑対策」が物議をかもす・・・・】の続きを読む
              

    このページのトップヘ