ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    日本映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    ジブリ愛がすごい伝わるww

    1 muffin ★ :2019/05/18(土) 18:07:53.17 ID:58aTZFjg9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190517-00010002-kaiyou-ent
    5/17(金) 配信

    ブラジルのクリエイターたちによって製作中の『風の谷のナウシカ』のファンムービー『WIND PRINCESS』が、ファンムービーの粋を超えた作品となっている。

    5月2日に公開されたティザー映像では、圧巻のクオリティで再現された腐海やメーヴェを操るナウシカ、それを追う王蟲などが約40秒間映し出され、監督で映像作家のクリス・テックス(Chris Tex)さんが作品の紹介を行なっている。

    宮崎駿監督率いるスタジオジブリ(厳密にはその前身となるトップクラフト)の不朽の名作『風の谷のナウシカ』を実写化した本ショートムービーは、クリスさんを中心とした有志のクリエイターによって製作。クリスさんの友人たちと約4年にわたって自費製作にて進行しているという。

    砂嵐のなかでの砂漠ロケやサンパウロのスタジオでの撮影を行い、現在は編集などを行うポストプロダクション作業中とのことだ。
    本作は、多くの有志のクリエイターの自由に使える時間によって成り立っており、作品を完成させるために製作協力を行うパートナーも募集している。

    製作費用はクリスさんのポケットマネーで賄われているが、クリスさんは「宮崎駿さんとスタジオジブリのチームに敬意を評するためだけに製作している」と語っており、完成後はオンラインにて無料で公開予定だという。

    クリスさんは、宮崎駿さんへの感謝の印、スタジオジブリの素晴らしいストーリーテリングがブラジルのアーティストやファンに多大な影響を与えていることを示す証として、今回製作した衣装や銃、メーヴェなどの小道具を東京にある三鷹の森ジブリ美術館に寄付することが夢であると語っている。
    また、もっとも好きな監督のひとりである宮崎駿に会うという夢も。

    この映像が、ブラジルのクリエイターとスタジオジブリを繋ぐきっかけになれば、これほど素晴らしいこともないだろう。本編は「近々公開」とされており定かではないが、完成を心待ちにしたい。(和田拓也)

    WIND PRINCESS - OFFICIAL TRAILER (NAUSICAÄ TRIBUTE)

    (出典 Youtube)



    (出典 kai-you.net)


    (出典 kai-you.net)


    (出典 kai-you.net)


    (出典 kai-you.net)


    (出典 kai-you.net)


    (出典 kai-you.net)


    【【朗報】ブラジル人、「風の谷のナウシカ」のファンが実写版を作るもクオリティが高すぎるwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    続編も来そうですね…

    1 muffin ★ :2019/05/14(火) 16:25:51.25 ID:/L2FcmOe9.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0108624
    2019年5月14日

    大ヒット公開中の映画『キングダム』の興行収入が、公開から24日間で40億円を突破したことが明らかになった。(興行通信社調べ)

    原泰久の人気漫画を実写映画化した本作は、中国の春秋戦国時代を舞台に、「天下の大将軍」を夢見る少年・信(山崎賢人)が、後の始皇帝となるエイ政(吉沢亮)と運命の出会いを果たすさまを描く。原作コミックの5巻「王都奪還編」までをもとに、物語が展開する。

    4月19日に公開された本作は、『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』『アベンジャーズ/エンドゲーム』といった強力なラインナップが同時期に上映されているなか、5月12日までに興行収入40億円を超え、観客動員数は303万人を記録。公開4週目を迎え、全国動員ランキングの4位と上位をキープしている。

    信やエイ政など魅力的な登場人物たちが活躍する本作は、多くのリピーター獲得。SNS上には、10回以上観たという強者も見受けられた。また、「続編希望です」「続編期待しています」「続編あったら絶対観ます」といった続編を望むコメントも相次いでいる。(編集部・梅山富美子)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    関連スレ
    【芸能】可愛すぎる!『キングダム』橋本環奈の河了貂が大好評
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557533307/


    【【朗報】映画「キングダム」動員300万人突破へ!興行収入は1作品目の「るろ剣」を超える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 kossynolog.com)


    日本のギャグが世界でも通用しましたねw

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/05/05(日) 08:07:56.71

    2019年5月5日 6時27分 シネマトゥデイ
    http://news.livedoor.com/article/detail/16413186/

    (出典 image.news.livedoor.com)

    映画祭関係者と“埼玉ポーズ”を決める武内英樹監督

     映画『翔んで埼玉』が現地時間3日、北イタリアのウディネで開催中の第21回ウディネ・ファーイースト映画祭で上映された。“埼玉ディスり”が話題になった同作はイタリアでウケるのか? 上映後の会場で映画を観た観客たちに感想を聞いた。

     毎年、イタリアであまり観る機会のない東アジアや東南アジア各国の映画を上映している同映画祭。夜10時からの上映にもかかわらず、会場には『翔んで埼玉』(英題は『Fly Me to the Saitama』)を観るため、約1,000人の観客が集まった。上映前の舞台あいさつでは、現地入りした武内英樹監督が「ウディネと埼玉は似ていると思っています。この映画はこの街とトリエステ(ウディネに近い街)の戦いの物語です」と紹介すると、客席も大盛り上がりを見せた。

     上映が始まるとオープニングから笑い声が漏れ、日本人と同じようなところで大笑いするウディネの観客たち。他の作品ではエンドロールの最後まで残る観客はほとんどいないが、多くの人が最後までお笑い芸人・はなわが歌うエンドソング「埼玉県のうた」を興味津々に聴いていた。日本文化に興味があって来ている人も多く、上映後の会場で武内監督がファンからサイン攻めにあう光景もあった。

     イタリアのブレシア出身、21歳のマッテオさんは「素晴らしかったです。セリフやジョークが面白かった。もう一回観たくなる」と話し、「ブレシアとベルガモという都市でも、千葉県と埼玉県みたいにどこが一番田舎なのかという戦いがあるので、身近な話題だなと思いました」と映画に共感した様子。「県同士の競争がとても面白かったです。イタリアにも同じようなライバル関係がたくさんあります」と語る28歳のカテリーナさんは、出身を聞くと「ヴェネト州のロビーゴです。ロビーゴはイタリアの埼玉です」と笑った。

     ほかにも観客たちからは「ボーイズラブのような日本のポップカルチャーがいっぱい詰まっていて、面白かった」「キャラクターたちの自虐ネタが笑えた」「コスチュームがファンタスティックだった」といった声が聞かれ、武内監督も「(ウディネの観客は)ビックリするくらい盛り上がってくれた」と安堵の色を見せていた。国は違えど、地域格差ネタは万国共通のようだ。(取材・文:中山雄一朗)


    【【朗報】「翔んで埼玉」イタリアでも大絶賛される!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 bandai-a.akamaihd.net)


    大成功ですね!

    1 muffin ★ :2019/04/28(日) 13:05:32.54 ID:RJER+TPP9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2134619/full/
    2019-04-28 12:27

    俳優の山崎賢人と吉沢亮が28日、都内で行われた映画『キングダム』大ヒット舞台あいさつに登壇した。この日は大ヒット記念で玉割を実施。今月19日の公開から100万人動員、興行収入14億円という数字を聞いた2人は「すげえ!」と顔を見合わせ満面の笑み。山崎は「ここまでお世話になった人たちがいて、こういう大舞台に連れてきてもらえた。代表作になればいいなと思って撮影中も挑んでいたし…代表作になったかなとおもいます」とはにかんだ。

    原作は2006年1月から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中で、コミックス54巻までの累計発行部数が4000万部を突破する人気作。紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信(山崎)と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政(吉沢)の活躍を描いた物語。

    その反響は本人たちの耳にも届いているそうで、山崎は「たくさんの人からメッセージをもらって。すごくうれしかったのは『心震えました』とか、原作が好きな人も『めちゃくちゃおもしろかった。信だった』と言ってくれたりして、すごくうれしいです…」と感慨深げ。吉沢も「(反響が)今までないくらい。役者友達から結構(連絡が)きたり。『素晴らしかったね』とみんなにいってもらえて、うれしかったです」としみじみ。

     山崎と同様に吉沢も「この作品への熱はものすごくアツいものがありまして」と並々ならぬ思い入れを語り、「漫画原作の作品はたくさん演じさせていただきましたが、今回特に皆さん本気ですごい熱量で臨んだ。僕も役者としてのターニングポイントになればいいと思って撮影していたので、形となって結果が残せているのはすごくうれしいです」と喜びを表した。

    舞台あいさつにはアクション監督としても活躍する左慈役の坂口拓が登場。劇中で対決する山崎について「本当に(剣を)振ってきて…俺も本気でスイッチが入って『やってやろうかな』って」と、1分間の長回しシーンで全力で向き合ったことを告白。山崎も「主人公ですけど死んじゃうんじゃないかな。死んだら駄目だって。そのくらい本当の戦いを拓さんとの左慈戦を、『キングダム』という戦いに生きる作品でできたのは大きかった」と手応えを振り返った。坂口も「賢人じゃなくて信と戦っているんだって瞬間があってそういう気持ちになったのは初めて」と讃えた。
    (続きはソースをご覧下さい)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【朗報】映画「キングダム」公開から動員数100万人も越える大ヒットへ!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.cinematoday.jp)


    本当に残念でなりません…

    1 ストラト ★ :2019/04/17(水) 10:27:36.86 ID:H60W7Ztf9.net

    日本テレビは17日、11日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦=かとう・かずひこ)さんの追悼番組として、19日の「金曜ロードSHOW!」(後9・00)で代表作の一つ「ルパン三世 ルパンVS複製人間」を放送すると発表した。

    当日の放送を予定していた「名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)」の放送については未定。
    翌週26日は「名探偵コナン ゼロの執行人」を予定通りオンエアするという。

    「金曜ロードSHOW!」では、これまで「ルパン三世」のテレビ特番や劇場版を長年にわたって放送。
    今回はモンキー・パンチさんへの哀悼の思いと感謝の気持ちを込めて、劇場版第1作の同作品を届ける。
    アクション、ストーリー、心躍るテーマ曲。
    すべてが秀逸で、最強の敵・マモーとルパンが大バトルを繰り広げる名作として知られている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000087-spnannex-ent

    「ルパン三世 ルパンVS複製人間」

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【金曜ロードショー】名作「ルパンVS複製人間」モンキー・パンチさん追悼放送として急遽19日放送。 ルパン三世第1作目の劇場版】の続きを読む

    このページのトップヘ