ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    海外映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.mynavi.jp)


    悲しい話でしたね…

    1 風吹けば名無し :2019/05/18(土) 20:39:36.01 ID:ygZSrnK7d.net

    今更見たんやがこれ酷すぎやろ歴代で一番クソやわ


    【【悲報】ハルク史上最低は、インクレディブルハルクに認定する・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    これは、ちょっと違うような…

    1 muffin ★ :2019/05/15(水) 15:16:52.02 ID:MfbeYtFt9.net

    https://npn.co.jp/article/detail/47985402/
    2019年05月14日

    人気映画シリーズ『メン・イン・ブラック』の最新作の日本語吹替版について、映画ファンの間で物議を醸している。

    問題となっているのは、6月14日公開予定のシリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』。シリーズはスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気SFアクション作でファンも多く、最新作にも期待が集まっていた。

    そんな中、12日に都内で行われた公開直前イベントに「M(マジで)I(イケてる)B(ビッグ・グループ)」としてMIB日本支部エージェントに任命されている吉本坂46が登場。その中で、46人全員が日本語吹替版で声優を務めることがサプライズ発表され、メンバーたちはそれぞれ喜びを口にしていた。

    しかし、これについて映画ファンからは、「餅は餅屋。プロの声優を起用してください」「ここまで反感買う吹替に出来るの逆に凄い」「映画をなんだと思ってますか?もううんざり。遊んでますよね、絶対に」といった批判が殺到。『メン・イン・ブラック:インターナショナル』公式ツイッターの元にも多くの批判が寄せられ、炎上状態となっている。

    「実は先月19日に公開された映画『シャザム!』についても、日本語吹替監修・演出を務める福田雄一監督が、主人公の吹替声優に菅田将暉を起用したことで、『イメージと合わない』として批判が殺到。『お気に入りの俳優を起用して作品を私物化してる』という声も見られました。多くの映画ファンが吹替版作品に求めているのはプロの声優の吹替なだけに、素人である芸人が大量に起用されるという今回のプロジェクトへの不満が多く寄せられてしまったようです」(芸能ライター)

    吉本坂46ファンからは、「批判あるけどファンだから吉本坂メンバーの声優楽しみにしてる」「観た上で批判されるのはしょうがないけど、イメージだけで吉本坂を避けないで」といった擁護の声も上がっているが、「吹替版は絶対に観ない」「字幕で観る以外の選択肢がない」といった厳しい宣言も多く見受けられた。

    吉本坂46

    (出典 pbs.twimg.com)


    映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』公式Twitter
    https://twitter.com/MenInBla*JP/status/1127694942569209857

    関連ニュース
    今田美桜、『メン・イン・ブラック』最新作の吹き替え版で新人エージェントM役に抜擢
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000328-devi-ent
    (deleted an unsolicited ad)


    【【悲報】最新作「メン・イン・ブラック」が日本語吹替版がどえらいことにwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 philippine-english.jp)


    遂に来ましたね!

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/11(土) 19:24:28.77 ID:RrKhnSDD9.net

    ◆ 映画『マトリックス4』がついに製作か! 脚本家が構想を明かしたぞおおおおお!!

    SF映画の巨頭として君臨し続けている名作タイトル『マトリックス』。
    シリーズ最新作についての情報が出てきています。

    1999年に公開された大ヒット映画『マトリックス』。
    これまで数々の続編や関連作品が生み出されており、次回作の構想についても情報が出てきています。
    ワーナー・ブラザーズはマイケル・B・ジョーダン氏を次作の主演に考えている、と報じられています。

    『クリード チャンプを継ぐ男』や『ブラック・パンサー』での出演で脚光を浴びたジョーダン氏。
    『マトリックス』シリーズにおける「若かりし頃のモーフィアス」として彼を起用する、という話もあるようです。

    一方、『マトリックス』シリーズといえば、これまで主役を努めてきたキアヌ・リーブス氏の存在も忘れてはいけません。
    氏は次作の構想に際して「まだ何も知らされていない」とコメント。
    また出演に関しては「『マトリックス』シリーズ3部作の脚本を担当してきた、ウォシャウスキー姉妹が制作に携わるなら、出演を検討したい」としています。

    しかし最新作は『レディ・プレイヤー1』で脚本を務めたザック・ペン氏になる模様。
    氏によれば、マトリックス最新作はリブートや続編ではなく、他のキャラクターに焦点をあてた「フランチャイズを拡張するものになる」ようです。
    なおウォシャウスキー姉妹が『マトリックス4』制作に携わるとのニュースも先日飛び出していましたが、そちらについては誤報だったことが判っています。

    ユルクヤル 2019年05月11日
    http://yurukuyaru.com/archives/79818090.html

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【朗報】映画「マトリックス4」がついに製作!! 脚本家が構想を語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    スターウォーズも終わりに近づいていますね…

    1 muffin ★ :2019/05/08(水) 12:12:21.12 ID:7gGwCfo39.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0108496
    2019年5月8日

    ウォルト・ディズニー・スタジオが現地時間7日、映画『スター・ウォーズ』シリーズのタイトル未定の新作3本を2022年から1年おきに全米公開すると発表した。

    『スター・ウォーズ』シリーズにおける「スカイウォーカー・サーガ」は、今年末公開の『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』をもって幕を閉じるため(全9作)、次に何が描かれるかはまだ明らかになっていない。しかし、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督、そして「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイターコンビがそれぞれ新たな『スター・ウォーズ』の映画シリーズに取り組むことが発表されている。

    公開日はいずれもクリスマス前の週末で、2022年12月16日、2024年12月20日、2026年12月18日となる。

    ディズニーはまた、フォックス買収に伴い『アバター』シリーズの新たな全米公開日も発表。それぞれ1~2年延期となっており、第2弾は2021年12月17日、第3弾は2023年12月22日、第4弾は2025年12月19日、第5弾は2027年12月17日に公開される予定だ。つまり2021年から2027年まで毎年、『アバター』と『スター・ウォーズ』の新作が交互に発表されることになる。(編集部・市川遥)

    『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』(原題)特報

    (出典 Youtube)



    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【朗報】映画最新作の「スター・ウォーズ」、公開日が決定!! 3本も新作を公開予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 theriver.jp)


    タイタニックを追い抜きましたね。

    1 風吹けば名無し :2019/05/06(月) 17:38:56.64 ID:muTEmNVCM.net

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』世界興収歴代第2位に、わずか11日間で20億ドル突破 ─ 残すライバルは『アバター』のみ

    >日本も3,440万ドルという好成績を記録しているが、米Deadlineによれば、「『エンドゲーム』は日本を除く世界の全市場でNo.1を獲得」という状況だという。詳細は国内での正式な発表を待ちたい。

    https://theriver.jp/eg-box-office-7/


    【【衝撃】アベンジャーズ/エンドゲームが世界興収歴代第2位へ!! 日本を除く全世界では1位を記録】の続きを読む

    このページのトップヘ