ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

2ch・vip
芸能
ニュース
アニメ・ゲーム
    
.
        

    海外映画

         

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 wwws.warnerbros.co.jp)


    最初の頃が怖かったですね…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/11(水) 19:29:36.27 ID:GqszK3lh9.net

    ホラー映画界で、歴代興行収入No.1の『I T/イット』。その完結編『I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が全米で公開。初日から3日間の世界興行収入が196億円を超える大ヒットとなっている。(フロントロウ編集部)

    ■『I T/イット THE END』止まらない快進撃

     恐怖の殺人ピエロ、ペニー・ワイズが子供たちを恐怖に陥れていく『I T/イット』の最新作、『I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が世界中で人気爆発中!アメリカの辛口映画サイトRotten Tomatoesの一般評価では、満足度81%の高評価を記録している。

     全米公開を前に行われたL.A.プレミアでアンディ・ムスキエティ監督は、自信たっぷりにコメント。

    今回は、もっと怖い。ずっと怖い!前作を観てくれたファンは、きっとこの映画を楽しんでくれるはず。これまでの集大成であり、完結だから。そして感動もある。1作目よりもっとビッグなエンディングが待ち受けているんだ

     原作者スティーブン・キングも本作のクライマックスについて、「ラストは最高だ!」と大絶賛のコメントを自身のツイッターに投稿。

    ■『I T/イット』とは

     『I T/イット』はもともと、1990年にアメリカのテレビ映画シリーズとして公開された、スティーブン・キング原作小説の映像化作品。「幼少期編」と「大人編」とに分かれており、「I T(あいつ)」と呼ばれるピエロの怪物「ペニー・ワイズ」がなんの罪もない少年少女をむごたらしく殺してしまう。そのあまりにショックすぎる演出は、「ピエロ恐怖症」という恐怖症を大衆的にした。俳優ジョニー・デップは、自身がピエロ恐怖症であることを公表している。

     2017年に公開された『I T/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、そのリメイク作品。田舎町の子供たちがペニー・ワイズに挑む。そして『THE END』と名づけられた最新作は、その子供たちが大人になってまた再開してからの話になる。ペニー・ワイズは、まだ生きていた!

    ■『I T/イット THE END』のキャストは?

     主人公を演じるのは、英国の俳優ジェームズ・マカヴォイ。「X-MEN」シリーズのリブート作品ではプロフェッサーX役を演じ、『ウォンテッド』や『スプリット』など、演技派俳優として名高い。

     また、『インターステラー』や『クリムゾン・ピーク』に出演したジェシカ・チャステインも参戦。ペニー・ワイズ役は『シンプル・シモン』、『アトミック・ブロンド』に出演したビル・スカルスガルドが務める。ビルは、『I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のPR活動中にパパになったことを公表したばかり!

     全米では、観客の半分近くが25歳以下。リメイク作品にもかかわらず、若年層にも人気が高い本作は、ホラー映画史上No.1興行記録をもつ前作を超える、さらなるヒットが期待できる。日本公開は11月1日(金)。(フロントロウ編集部)

    2019-09-11
    https://front-row.jp/_ct/17301694

    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    【【大ヒット】「I T/イット THE END」たった3日で世界興収がものすごい事にwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 eiga-board.com)


    これは拒否されますよ…

    1 ゴアマガラ ★ :2019/09/10(火) 12:08:58.67 ID:wsmneHaC9.net

    [映画.com ニュース] 世界各国のメディアを騒がせているスパイダーマンのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)離脱問題をめぐり、
    米ソニー・ピクチャーズのトップから離脱はほぼ確定とする発言がなされたことで、ファンの間に動揺が走っている。米バラエティが報じている。

     発端は、シリーズ最新作「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」がソニー史上最大のヒット作となったことを受け、
    マーベル・スタジオを有する米ウォルト・ディズニーがスパイダーマンの映像化権を握るソニーに対し、
    「興行収入の5%を受け取る」という現行の契約を「出資・収益ともに50%ずつ折半する」という大幅な条件アップを伴う内容に更改するよう要求したことだ。
    これをソニー側が拒否したため交渉は決裂。両社間の対立が一気に深まったことで、今後のスパイダーマン関連作品はソニーが単独で製作することになると同時に、
    トム・ホランド演じるスパイダーマンがMCUからはじき出されるという結果につながってしまった。

     このほど、バラエティが主催する業界向けイベント「エンタテインメント&テクノロジー・サミット」に出席したソニーのアンソニー・ビンシクエラ会長兼CEOは、「扉は閉ざされた」と交渉の余地がもはやないことを認めたうえで、
    「でもこの先まだまだ長いからね」と将来的にスパイダーマンがMCUに戻ってくる可能性もあることを匂わせる、謎めいた発言で場内をどよめかせた。

    この一件に関して、「ソニーとディズニー/マーベルの間に敵意やわだかまりは一切ない」と強調した同氏は、交渉が決裂したのは単純に、
    「ケビン・ファイギが次なるフェーズに向け、新たなキャラクターを多数MCUに取り込むので手一杯だから」と説明。
    「ファイギが参加した『スパイダーマン』映画2本が大きな成功を収めたこともあり、我々としても協力体制を継続していくための道を見出す努力はしました。
    マーベル・スタジオのスタッフ陣はみな素晴らしいとは言え、我々ソニーにも優秀な人材はたくさんいるし、ケビンひとりの手柄ではありません」と誇らしげに語った。

    ビンシクエラ氏いわく、ソニーは今後、スパイダーマン以下、権利を所有する関連キャラクターをフルに活用して、独自のユニバースを新たに作り上げていく計画だという。
    現に、アンディ・サーキスがメガホンをとる大ヒット映画の続編「ヴェノム2(仮題)」(2020年10月2日全米公開予定)、
    マーベルコミック「アメイジング・スパイダーマン」に登場した人気悪役の孤独な戦いをジャレッド・レト主演で描く「モービウス(原題)」の映画2作品に加えて、
    スパイダーマンの世界を舞台にした5~6本のテレビシリーズを準備中だという。

     興行面、批評面ともに大成功を収めた「スパイダーマン スパイダーバース」や、配信開始早々から高い支持を集めている、
    ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン&アマゾン・スタジオ共同制作による新ドラマ「ザ・ボーイズ」を例に挙げ、
    スパイダーマンがMCUを離れても「何ら問題はない」と楽観視するビンシクエラ氏は、「スパイダーマンはMCUに参戦する以前から十分人気があったし、
    MCU入りしたことでより人気が高まったとは言え、もともとは我が社のもの。
    さらに今後は、独自のユニバースで新たなキャラクターたちと競演することになるという楽しみも待っている。安心して私たちに任せてください」と自信満々に宣言した。

    https://eiga.com/news/20190910/9/

    (出典 eiga.k-img.com)


    【【悲報】「スパイダーマン」MCU離脱が濃厚… ソニーはディズニーの「無茶な要求」に応じず・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    意外すぎるw

    1 muffin ★ :2019/09/07(土) 12:09:22.52 ID:qXDWe+2x9.net

    https://www.cinematoday.jp/news/N0111044
    2019年9月7日

    きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲「にんじゃりばんばん」が、キアヌ・リーヴス主演の人気アクションシリーズ第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中曲に起用されていることが明らかになった。あわせて同曲が流れる本編映像が公開された。

    キアヌ演じる殺し屋ジョン・ウィックの復讐(ふくしゅう)劇を描く本シリーズ。最新作では、裏社会の聖域コンチネンタルホテルで不殺の掟を破ったジョン・ウィックが、裏社会の頂点に立つ闇の組織・主席連合によって1,400万ドルの賞金をその首にかけられ、全世界の殺し屋たちのターゲットとなってしまう。

    「にんじゃりばんばん」が流れるのは、主席連合から派遣された冷酷な裁定人(エイジア・ケイト・ディロン)が、ジョン・ウィック暗殺を依頼するため、ニューヨークの片隅にたたずむ、ある寿司屋を訪れるシーン。表向きはすし職人の彼らだが、裏の顔は板長でもある最強の暗殺者・ゼロ(マーク・ダカスコス)が率いるニンジャ軍団だったという場面だ。

    きゃりーは「『にんじゃりばんばん』が、有名なハリウッド映画で流れていると知って本当にびっくりしました! 私の中でも代表曲のひとつなので、素直にすごく嬉しかったです」と喜びのコメントを寄せている。(編集部・中山雄一朗)

    映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は10月4日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

    「ジョン・ウィック:パラベラム」最強の刺客ゼロ登場

    (出典 Youtube)



    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【まさかのww】キアヌ主演「ジョン・ウィック」、劇中曲にきゃりーぱみゅぱみゅの「人気曲」を起用するwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    10月4日に日米同時公開となる映画『ジョーカー』の本予告映像が公開 - HYPEBEAST
    10月4日に日米同時公開となる映画『ジョーカー』の本予告映像が公開: 8月31日(現地時間)に「第76回ヴェネツィア国際映画祭」で行われたワールドプレミアでは、上映後に ...
    (出典:HYPEBEAST)



    (出典 wwws.warnerbros.co.jp)


    不安になってくるw

    1 風吹けば名無し :2019/09/04(水) 22:33:18.81 ID:mCIDHAEBd.net

    ・ベネチア国際映画祭で上映後に8分間のスタンディングオベーションが起きる(ロケットマンが4分、ワンハリが7分)
    ・世界は「ジョーカー」以前と「ジョーカー」以降に分けられる
    ・世界がこの映画に備えているかどうかがわからない
    ・この映画が存在する事が信じられない
    ・この映画が存在する事がとにかくショック
    ・これこそがDC映画
    ・ゴミ映画
    ・中二病
    ・無内容
    ・ダークナイト以来、最も大胆な“スーパーヒーロー”映画の革新
    ・21世紀最も型破りなスタジオ大作映画
    ・映画が終わる頃には言葉を失っていた
    ・あらゆる映画賞を総ナメにしてもおかしくないし、
    審査員が怖じ気づいてまったく無冠でも驚かない。
    ・見たいものも見たくないものも全部ある


    【【驚愕】DC映画最新作「ジョーカー」、公開前から評判が高すぎてとんでない事にwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    もっと早くやってほしかった…

    1 湛然 ★ :2019/09/04(水) 05:10:07.25

    9/4(水) 5:00 オリコン
    『ターミネーター』最新作、本予告&新ポスタービジュアル解禁
    https://www.oricon.co.jp/news/2143692/full/?anc=014&utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_content=%2Fhl%3Fa%3D20190904-00000327-oric-ent&utm_medium=referral#vk
    映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)新ポスター

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    シュワちゃん&リンダ・ハミルトンの最強タッグ『ターミネーター:ニュー・フェイト』新予告編解禁 [oricon]

    (出典 Youtube)



     1984年に第一作がジェームズ・キャメロン(『アバター』『タイタニック』)の監督・脚本・ストーリーで製作され、大ヒットシリーズとなった『ターミネーター』。その最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)の新予告が完成。新たなポスタービジュアルとともに解禁となった。

     一度は回避したと思われた人類滅亡の日”審判の日“。だが、その危機はまだ終わってはいなかった…。人類の命運を握る女性ダニーを守る謎の戦士グレース(マッケンジー・デイヴィス)と、女性の命を狙う凶悪に進化を遂げた最新型ターミネーター REV-9(読み:レヴ・ナイン)との壮絶な攻防。そして彼らの前に現れる、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)とT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)。人類と地球の未来をかけた壮絶な戦いの火ぶたが、再び切って落とされる…。

     「未来は変えても、運命は変えられなかった…。」といきなり不穏な空気からスタートする新予告は、一変して人類と地球の未来をかけたド派手で壮絶なバトルシーンの応酬に切り替わる。

     1人孤独にターミネーターハントを続けてきたサラに、「初めて見るタイプ」と言わしめたグレースは、未来から送られてきた謎の戦士。「私は人間よ」と語る彼女は確かに一見女性だが、そのパワーは人間のそれを遥かに凌駕する。彼女の圧倒的な力強さに、これで人類の未来も安心か?と思いきや、その期待はグレースたちの前に現れた、最凶の新型ターミネーターREV-9 の前にもろくも崩れ去る。

     T-1000 型ターミネーターから受け継いだと思しき、液体金属の特性を悪魔的に活かし、時にナイフのように、そして時に分裂までして襲い来る。果たしてこの新たな脅威から逃げ切ることができるのか?

     本映像の注目は、やはりなんといってもこれまで誰も見たこともないほどの大迫力なアクションと壮絶なバトルシーン。それぞれのキャラクターの特性を生かしたグレースとREV-9 の攻防は、かつてない程激しい。リンダは「1991年(前作『ターミネーター2』)と比べて、全てが大規模になっているのに驚いたわ!」と、撮影規模の大きさに驚きを隠さない。特に何度倒されても執拗に迫るREV-9 の姿は、狂気すら感じさせ、映画史に新たな名を刻む名ヴィラン誕生の予感を匂わす。

     REV-9 に関して「彼は新作のターミネーターの顔だ。恐ろしく迅速で危険だが、同時に人好きのするキャラクターなんだ」と語り、これまでのターミネーターシリーズには似つかわしくない特性を語るのは、本作のメガホンを取るティム・ミラー監督。

     ターミネーターと言えば、T-800 や『T2』に登場したT-1000 など、笑顔を見せない無機質な雰囲気が特徴だが、確かに映像の中で時折見せる彼の優しい笑顔は、どうみても生身の人間にしか見えない。戦闘能力だけでなく、より人間の雰囲気を持った最強の敵を相手に、サラたちは如何に立ち向かうのか?

     そして赤い眼光が更なる恐怖を煽るREV-9 のアップが印象的な新ポスターには、ショットガンを手に仁王立つサラやT-800 をはじめ、ダニーや彼女を守ろうとするグレースの姿が描かれる。炎の奥から迫りくるREV-9 から、命を賭けてダニーを守ろうとする3人の決意がひしひしと伝わるビジュアルとなっている。

     本作では、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』(日本興行収入95 億円)以降、シリーズへの直接的な関与がなかったJ・キャメロンが製作に復帰。さらに、『デッドプール』(2016年)のブッ飛んだ脚本と演出で一躍高い評価を得たミラー監督とタッグを組み、描かれる「ターミネーター」の世界に、再び世界中が興奮させられることは間違いない。

    (C) 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

    (おわり)


    【【朗報】「ターミネーター」最新作、本予告&新ポスタービジュアル解禁へ!!】の続きを読む
              

    このページのトップヘ