ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    事故・災害

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    こんな姿みたら妻と娘を亡くした夫が浮かばれないですよ…

    1 風吹けば名無し :2019/06/15(土) 07:58:30.99

    捜査員に指示する飯塚幸三

    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】池袋で事故を起こした飯塚幸三元院長、現場検証で態度がめちゃくちゃ偉そう・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 upload.wikimedia.org)


    自動運転での課題点はまだまだ有りそうですね…

    1 記憶たどり。 ★ :2019/06/02(日) 06:39:46.69 ID:K1hRh6OP9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000003-asahi-soci

    自動運転が特徴の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅(横浜市磯子区)で1日夜、
    列車が約25メートル逆走して車止めに衝突し、乗客らが重軽傷を負った事故。車内の乗客が混乱の様子を語った。

    「列車が動き出した数秒後に、ものすごい衝撃で止まった」

    前から2両目に乗っていた横浜市金沢区の会社員青木健一さん(46)は、当時をそう振り返る。
    見渡すと、前の車両には血だらけで倒れ、後ろの車両で顔から血を流している人もいた。
    「子どもの泣き声が聞こえ、パニック状態だった」と話した。

    青木さんも衝撃で腕と足をポールにぶつけ、痛みがあるという。衝突から5分ほどは車両から出られなかった。
    その後、先頭車両から外に出られるとの車内放送が流れ、車外に出られたという。


    事故現場を調べる神奈川県警の警察官ら=2019年6月1日午後9時48分、横浜市磯子区

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【自動運転】横浜シーサイドラインで「AI」の故障? 突然の逆走で車内はパニック、大怪我をする人も・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 radio-net.jp)



    1 ガーディス ★ :2019/05/23(木) 08:28:32.94 ID:Rqe2e4sQ9.net

    2019年5月23日 7時6分
    朝日新聞デジタル

     福井県警福井署は23日、福井市三郎丸1丁目の福井放送役員、坪田清則容疑者(87)を道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。

     署は認否を明らかにしていない。

     署によると、坪田容疑者は22日午後3時55分ごろ、福井市大宮2丁目の国道416号交差点で乗用車を運転して帰宅途中、右から来た福井市の女性会社員(40)運転の軽自動車と衝突し、そのまま逃げた疑いがある。女性は頸椎(けいつい)捻挫の軽傷を負った。現場は信号のある十字路。

     福井放送によると、坪田容疑者は同放送の非常勤取締役。1952年に入社し、社長や代表取締役会長を歴任した。同放送は23日、「報道機関として誠に遺憾。事実関係が確認でき次第、厳正に対処する」との談話を出した。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16502021/


    【【速報】福井放送「元社長」をひき逃げ容疑で逮捕へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    結構多いですね…

    1 ひかり ★ :2019/05/15(水) 16:21:37.91 ID:OwsONe6J9.net

     タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

     事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

    「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま
    僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

     約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、
    そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、
    弁護士を立てたという。

     事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

     高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非は
    あるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

     高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。この時には、
    「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。また、昨年3月にも、信号待ちの車に
    追突事故を起こしている。

     自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。
    高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

     Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

     5月16日(木)発売の「週刊文春」では、事故の内容や“示談交渉”の中身、高田との一問一答などを報じる。また「週刊文春デジタル」では、
    高田の「ナッシング」音声などを公開する。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月23日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00011919-bunshun-ent


    【【悲報】高田純次さん、またまた交通事故を起こす・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.el-aura.com)


    本当に憤りを感じる事件です。
    3人の未来を奪った加害者は許せないです!

    1 どどん ★ :2019/04/24(水) 17:08:36.38

     19日、東京・東池袋で車が暴走し10人の死傷者を出した事故で、娘の松永莉子ちゃん(3)と妻の松永真菜さん(31)を亡くした夫が24日に会見を開いた。

     「まず最初に、事故現場の献花台に溢れるほどの花を手向けてくださった皆様、妻と娘に寄り添い心を痛めてくださっている皆様の温かい心に、
    本当に感謝しています」と感謝を述べた夫は、続けて「最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず、絶望しています。娘がこの先どんどん
    成長し、大人になり、妻と私の元を離れ、妻と寿命尽きるまで一緒にいる。そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまいました。
    悔しくて悔しくて仕方がありません。この悔しさはどれだけ時間が経っても消えないでしょう」と心境を吐露。

     また、妻と娘の写真を公開した経緯について「妻と娘は本当に優しく、人を恨むような性格ではありませんでした。私も2人を尊重し、本来ならば
    そうしたいです。ですが、私の最愛の2人の命を奪ったという、その罪を償ってほしいです。この数日間、何度もこの先生きていく意味があるのかと
    自問自答しました。しかし同時に、今回の事故での妻と娘のような被害者と私のような悲しむ遺族を今後絶対に出してはいけないとも思いました。
    そのために、私は妻と娘の画像を公開することを決断しました。妻はとても恥ずかしがり屋で、Facebookなどで顔を公開することもないような
    控えめな性格でした。そのため苦渋の決断でした」と説明

     そして、「この画像を見ていただき、必死に生きていた若い女性と、たった3年しか生きられなかった命があったんだということを現実的に感じて
    いただきたいです。現実的に感じていただければ、運転に不安があることを自覚したうえでの運転や、飲酒運転、煽り運転、運転中の携帯電話の使用などの
    危険運転をしそうになった時に、亡くなった2人を思い出して思いとどまってくれるかもしれない。そうすれば、亡くならなくていい人が亡くならずに
    済むかもしれない、そう思ったのです。それぞれのご家庭で、事情があることは重々承知しておりますが、少しでも運転に不安がある人は、
    車を運転しないという選択肢を考えてほしい。また、周囲の方も本人に働きかけてほしい。家族の中に運転に不安がある方がいるならば、
    いま一度家族内で考えてほしい。それが世の中に広がれば、交通事故による犠牲者を減らせるかもしれない。そうすれば、妻と娘も少しは
    うかばれるのではないかと思います。今回の事件をきっかけに様々な議論がなされ、少しでも交通事故による犠牲者がいなくなる未来になってほしいです」と
    訴えた。
    (AbemaTV/『AbemaNews』より)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010024-abema-soci

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【池袋暴走事故】妻と娘を亡くした夫が会見を開く・・・ 「悔しくて仕方がない… 2度と同じ犠牲者を出してはいけない」】の続きを読む

    このページのトップヘ