ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    バスケット

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 mf-bbc-ch.com)


    ひどいですね…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/05(金) 06:35:30.21 ID:jRwan+AJ9.net

     マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、シャキール・オニール……。綺羅星の如く著名プレーヤーが踏んだ晴れ舞台に、ついに日本人が立った。ニューヨークで行われたNBAのドラフト会議に臨み、ウィザーズから1巡目、全体9位で指名された八村塁(21)。ベナン人と日本人のハーフで富山県出身の彼は、いかにしてこの晴れ舞台までたどり着いたのか――。

     八村の父、ザカリ・ジャビルさんと母の麻紀子さんはドラフト会議の会場で息子が指名される瞬間を迎えた。そして、指名が発表されると、八村はまず麻紀子さんと抱き合い、次に父親と抱擁を交わしたのだった。

     八村がバスケットボールと出会ったのは、中学時代。小学生の時は野球と陸上をやっていたというから大きな「転機」と言えそうだが、同じ頃、プライベートでも「変化」があった。彼が中1の時、両親が離婚したのである。それについて、以前、本誌(「週刊新潮」)の取材に応じた母親の麻紀子さんは、

    「別れた後も、塁は普通に父親と会ったりしていましたから、私が“女手一つで育てた”というわけではないのです」

     と語っていた。この点、八村の恩師、富山市立奥田中学バスケットボール部コーチの坂本穣治氏に聞くと、

    「あいつが苦しんできたのを見てるから……」

     と、言葉を詰まらせる。苦しむ八村を救ったのは、バスケットボールだった。

    ■カツアゲの濡れ衣

    「“八村は野球部にも陸上部にも入らないらしい”と聞いたので、バスケ部のメンバーに“一回連れてこい”と私が言ったのです」

     坂本氏がそう振り返る。

    「バスケ部に入ってからは、常にNBAの話題を振り、マイケル・ジョーダンらの映像を見せた。それで塁の心の中でもNBAへの夢が膨らんだのでしょう。中学卒業時には“NBAに行く”と豪語するようになっていました」

     その夢が実現したドラフト会議の席。そこに臨んだ八村のジャケットには日の丸のバッジがあった。

    「彼は日本人であることを強調する一方、黒人とのハーフであることにも誇りを持っている。そうしたことに自覚的になっていったのは、やはり成長の過程で多くの偏見にさらされてきたからだと思います。彼が育った富山は、都会と違ってハーフの子が少ないので、どうしても奇異の目で見られてしまうのです」(同)

     中学の時には、カツアゲの濡れ衣を着せられそうになったこともあったという。

    「中学校の近所のゲームセンターから“背が高くて黒い子がカツアゲをした”と学校側に連絡があり、塁が呼び出されたのです。塁は“オレじゃない!”と何度も否定するのですが、教師たちは“お前しかいない”と言って信じなかった。結局、後になって、犯人はサッカー部の肌が黒い子だと分かりましたが……」(同)

     そうしたことがあり、坂本氏はさらに「NBA」を強調するようになった。“お前が輝くのは日本ではなく、個が優先されるアメリカだ。NBAに行けば、輝ける”と――。

    「彼がすごいのは、そうした偏見の中でグレてしまうのではなく、ベナン人の父、日本人である母の血の両方に感謝しよう、と素直に思えたことだと思います」

     と、坂本氏。

    「彼が進んだ宮城の明成高校バスケ部の佐藤久夫監督が“ハーフの大将になれ”と指導したことも、彼のアイデンティティの形成に大きな影響を与えたはず。佐藤監督とは電話でよくやり取りをしていましたが、ある時、八村の生活態度について相談されたので、“彼の心の半分はアフリカなのです”と言ったことがある。あまり日本式の枠にあてはめないほうがいいんじゃないか、という意味です」

     素晴らしい指導者に導かれたおかげで、不動の「軸足」が定まったのだ。

    「週刊新潮」2019年7月4日号 掲載


    7/5(金) 5:57配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00569335-shincho-spo

    (出典 www.dailyshincho.com)


    【【衝撃】八村塁さんの母と恩師が語る壮絶過去… 「カツアゲの濡れ衣」を着せられたことも・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    身体能力すごすぎるw

    1 れいおφ ★ :2019/06/24(月) 11:07:21.42 ID:7VgMa1lb9.net

    6月21日(現地時間20日)にバークレイズ・センターで行われた「NBAドラフト2019」。
    年に1回、世界中からわずか60名しか指名されることがない一大イベントで、
    真っ先にアダム・シルバー(NBAコミッショナー)から名前を呼ばれたのは、
    デューク大学1年でアーリーエントリーしたザイオン・ウィリアムソンだった。

    201センチ129キロの巨漢に、超人的な身体能力を兼ね備えたウィリアムソンは、まぎれもなくスーパースター候補生だ。
    今季のNCAAで、相手ディフェンダーをものともしないフィジカルの強さでアタックし、
    会場をどよめかせるド迫力のダンクや驚異的な跳躍力で相手チームが放った選手のショットをたたき落とし、
    誰よりも強烈なインパクトを放ってきた。

    ウィリアムソンが持つ超人的な身体能力は、
    ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)やビンス・カーター(アトランタ・ホークス)といった現役NBA選手さえも驚嘆させるほど。
    以前、カーターが「彼はすでにNBA入りの準備ができている」と言い切るほど、ウィリアムソンは体格やプレーがすでにプロ顔負けだったと言っていい。

    ドラフト前から全体1位指名の筆頭候補に挙げられていたウィリアムソンだが、
    「子どもの頃から、NBAに行きたいと思っていたからね。(ドラフト全体1位指名されて)
    僕は本当になんて表現したらいいかわからないよ」と謙虚に答えていた。

    デューク大でプレーした今季、ウィリアムソンはNCAAトーナメントも含めて計33試合に出場し、
    平均22.6得点8.9リバウンド2.1アシスト2.1スティール1.8ブロックをマーク。3ポイント(成功率33.8パーセント)は
    今後も磨いていく必要があるものの、フィールドゴール成功率68.0パーセントは称賛に値する。

    ウィリアムソンが加入するニューオーリンズ・ペリカンズは、先日リーグ最高級のビッグマン、アンソニー・デイビスを
    ロサンゼルス・レイカーズへトレードすることで合意に達したチーム。ウィリアムソンはドラフト指名後の会見で、自身についてこう語っている。

    「僕はゲームを愛しているし、勝つことが大好きなんだ。チームが僕に対して必要とすることなら、
    なんでも率先してやるつもりさ。僕は勝者として皆に記憶されたいと思ってるんだ」。

    来月行われるサマーリーグで、この男がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。今から楽しみでならない。

    https://basketballking.jp/news/world/nba/20190621/170513.html

    ザイオン

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    (出典 fansrule.files.wordpress.com)


    (出典 Youtube)


    (出典 Youtube)


    関連スレ
    全体1位ザイオン、レブロン超え史上最高“107億円超争奪戦”に米注目 中国企業も続々参戦
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190622-00064532-theanswer-spo


    【【ドラフト全体1位】「怪物」ザイオン・ウィリアムソン(18歳)がヤバすぎるwwww 超人的な身体能力、レブロン超えの「107億円超争奪戦」へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.tabiplan.co.jp)


    試合欠場はとても残念です…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/02/24(日) 15:10:38.30

    【2月24日 AFP】米大学バスケットボールの試合中にナイキ(Nike)のシューズが壊れ、負傷した米プロバスケットボール(NBA)も期待のスター、ザイオン・ウィリアムソン(Zion Williamson)が、膝のねんざにより所属校の23日の試合を欠場することがわかった。

     デューク大学(Duke University)に所属するウィリアムソンは、20日の試合の開始直後、チームの最初の攻撃でフリースローライン付近をドリブルしていた際、踏み込んだ左足のシューズのソールがはがれて負傷した。そのときのけががまだ治っていないため、23日の試合は欠場するという。

     さらに20日の試合は、チケットの転売価格が米ナショナルフットボール(NFL)の王者を決めるスーパーボウル(Super Bowls)に迫るレベルにまで高騰し、またバラク・オバマ(Bara* Obama)前大統領やスパイク・リー(Spike Lee)監督といった著名人が観戦に訪れていたこともあって、ナイキは火消しに追われている。

     18歳のウィリアムソンは6月のNBAドラフトで1巡目指名が予想される身長2メートル1センチの花形選手で、1試合平均22.4得点を挙げている。(c)AFP

    2019年2月24日 9:14 
    発信地:ニューヨーク/米国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3212596?act=all

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【悲報】ザイオン・ウィリアムソンさん、ナイキのバッシュが壊れ膝ねんざ 23日の試合は欠場に・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ