ほんわか速報

主に2chや芸能界に関するニュースなど 
気になることをまとめたブログです。(゜∀゜*) 

    陸上

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 jaaf.or.jp)


    また越えましたね

    1 サザンカ ★ :2019/06/08(土) 10:33:03.61 ID:roKVzKnv9.net

    サニブラウンが9秒97の日本新
    6/8(土) 10:28配信 共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000053-kyodonews-spo
    陸上男子100メートルでサニブラウン・ハキームが9秒97の日本新記録。


    【【衝撃】サニブラウン選手、 男子100m日本新記録!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 2019.images.forbesjapan.media)


    マスコミが悪いですね…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/29(水) 06:18:02.94 ID:xM6aE9NW9.net

     日本人2人目の100メートル9秒台を記録したサニブラウン・ハキーム(20)が、記者たちの顰蹙を買っている。

     スポーツ紙デスクが囁(ささや)く。

    「在籍しているフロリダ大陸上部の広報担当者から各社に一斉メールが送られてきたんですがね……」

     以下、その和訳である。

    〈サニブラウンの家族の要請を受け、本人、家族、友人、中学、高校時代のクラスメートの映像は、過去放映されたものを含め、今後は放映しないよう求める。(略)応じない場合は法的措置の可能性もある〉

    「海外在住なので、何か起きたら、国内の取材先は中高の関係者くらいしかいない。それを禁じられたら仕事になりませんよ」(同)

    “法的措置”との脅し文句もあるが、

    「法律以前に、彼に嫌われたら、今後、取材拒否されるかもしれない。6月には日本選手権、来年は東京五輪があるので、黙って従うしかありません」(同)

     なぜサニブラウン陣営はこんな取材規制を強いるのか。大げさに言えば、憲法が保障する“報道の自由”をも蔑(ないがし)ろにする愚挙である。

     メールを送った広報担当者に真意を尋ねると、

    「ある放送局と彼の家族との間で起こった問題を考慮して要請しました。その局は、ある映像を、放映しないという合意があったにもかかわらず放映したのです」

     それは中高時代のプライベート映像だという。その局には抗議して謝罪させたというのだが、

    「家族は同じような取材を過去にどの局に許可したか覚えていないので、“各社に要請してほしい”と私に頼んできたのです」(同)

     ならば、その映像を特定し、それに限って使用を禁止すればいい。そもそもテレビ局にだけメールを送ればいいと思うのだが。

     ちなみに、米メディアには“彼のことを報じないから”送っていないのだとか。

     担当者はこう締め括った。

    「私の声明は法的な脅しでもなければ、大学側からの公式声明でもありません。もし、そのような誤解を招いてしまったのなら謝罪します。私は日本のメディアの仕事ぶりをとても尊敬していますし、報道の自由も尊重しています」

     勇み足――だったということか。来る日本選手権では、マスコミにソッポを向かれないような走りを。

    「週刊新潮」2019年5月30日号 掲載


    5/29(水) 5:56配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00562341-shincho-spo

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【【前代未聞!】サニブラウン選手が「取材規制」を提案・・・ 原因はマスコミが約束を破った?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 4.bp.blogspot.com)


    国籍が日本人と言うことですかね…

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/05/12(日) 09:12:27.96 ID:cMBqkeD90●.net BE:299336179-PLT(13500)


    <陸上:米大学南東地区選手権>◇11日◇アーカンソー州フェイエットビル◇男子100メートル決勝

    陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が日本人2人目となる9秒台をマークした。決勝で9秒99(追い風1・8メートル)。

    桐生祥秀(23=日本生命)の持つ日本記録9秒98には及ばなかったが、自己記録を0秒06一気に更新し、「10秒の壁」を簡単に打ち破った。
    20年東京オリンピック(五輪)の参加標準記録(10秒05)の突破も日本勢男子100メートルで第1号となった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-05120180-nksports-spo


    【【男子100m】陸上のサニブラウン選手が9秒99を記録!二人目となる(日本人?)9秒台へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.meiji.co.jp)


    大迫傑選手からしたら、全く関係ない理由ですねこれ…

    1 Egg ★ :2019/04/23(火) 12:53:11.36 ID:v6GU9kqD9.net

     男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)が23日、自身のツイッターを更新し、トラックでの日本選手権出場を“却下”されたことを明かした。

    【写真】ダジャレを繰り出しつつ実業団不振を嘆いた瀬古リーダー

     「日本選手権、“本連盟強化委員が特に推薦する本連盟登録競技者”という枠で出場しようと試みましたが、叶いませんでした…。陸連強化委員からの『大迫くんが日本選手権でいい走りをするとそれに負けた選手のランキングが下がり、不平不満が出るから』という理由でした。すごい理由だな。笑笑」と、説明。

     連続で投稿し、「考えられる建前は、ランキング制が適応されたので公正を期したい。だと思いますが、そう考えると矛盾が多々あります。1なぜこの様な項目を入れたのか、おそらく強化委員所属チームのお気に入りの選手を出場させたいから。」「2北京世界陸上の年の日本選手権10000m、特定の選手をペースメークする為に外国人選手の出場を認めたが、それは公正を期していると言えるのか」と、矛盾を指摘した。

     その上で「以前から強化委員所属チームの選手が陸連合宿に優先参加出来たり、陸連計画の遠征に参加出来たりと色々ありましたが、そろそろ陸連を私物化するのはやめた方がいいと思う」と、苦言を呈した。

     最後に「もしランキング制が採用されて日本選手権参加標準に矛盾が生じてしまうのであれば、また変更すれば良いだけ。変更しなかったという事はその必要が無かったと陸連が判断したと思ったので、今回出場申請した次第でした。どういう選手が推薦出場に値するのかちゃんと明記して欲しいですね」と、訴えた。

    4/23(火) 11:55配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000044-dal-spo


    【【男子マラソン】大迫傑選手が「陸連強化委員」に苦言! 日本選手権出場「却下」の理由がひどい・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ